新次元のラーメンスープ作りを可能にする平和リーシングの圧力寸胴 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年1月10日 公開

新次元のラーメンスープ作りを可能にする平和リーシングの圧力寸胴

ラーメン店の真価が問われるスープづくり

 (6519)

北風の吹く厳しい季節が到来しました。道行く人たちはラーメン店の暖簾をみると誘われるように訪れ、行列のできる有名店は人気の的になっています。一方、相変わらずの出店ラッシュが続く中、店舗は生き残りをかけて熾烈な競争を続けています。

ラーメンの生命はスープです。麺や具材ももちろん重要ですが、名店とされるお店は、必ず他店では味わえないお客様をうならせるスープを作っています。ライバル店に差をつけるには、スープの良し悪しが決め手となるのです。

しかしスープ作りは手間も時間もかかります。お店の運営を考えると、できるだけ手間を省きながら最高のスープを提供したい、というのが経営者の本音でしょう。そんな夢のようなスープづくりを実現するのが平和リーシングの「圧力寸胴」なのです。

圧力寸胴で新次元のスープづくりに挑戦してみませんか?

 (6521)

ラーメン業界に革命を起こした圧力寸胴は、圧力鍋を創って50年の歴史から生まれた安全・安心を追求した業務用大型圧力鍋です。清湯スープから超濃厚スープまで、どんな種類のスープでも、短時間で作ることができるのが大きな特長です。

スープづくりの新しいカタチを実現する圧力寸胴は、さらなる味の革新を目指すお店の強い味方です。サイズバリエーションも増え、お店の規模に合わせてお選び頂くことができるようになりました。さあ、あなたのお店も新次元のスープづくりに挑戦してください。

圧力寸胴 7つの魅力

 (6522)

① 安全・無事故の信頼性
圧力調理中は絶対にフタが開かない自動ロックアップ機能。オモリ、安全弁、パッキンの3重の安全装置に加え、鋳造製品だからできる安全強度でどなたでも安心して使えます。

② 長時間労働からの解放
業界最高の130℃だから約2時間30分でスープが完成。今まで大変だったスープ濾(こ)し作業も、バルブを回すだけ。スープづくり時間の短縮を実現しました。

③ 燃料費等の大幅削減
炊き時間減少でガス代が抑えられ、手間をなくしたことによる人件費の軽減。短時間調理による空調費の減少。骨の使用量、ゴミの量も削減できるなど、さまざまなコストカットに直結します。

④ スープがブレない
スープ量がいつも安定し、加熱調理がいつも均一です。誰がつくっても毎日安定のスープ品質ですので、多店舗展開や現場作業の統一&簡素化につながります。

⑤ 驚きのスープ量と濃度
2時間半で1番スープ・2番スープがとれ、濃度の調整も簡単。サイズに対して、想像を超える量のスープが獲れます。

⑥ 操作・洗浄が簡単
厚みがありコゲつきにくいため、洗うのも簡単、バーナーの上に置いたまま、洗浄ができます。 130℃の高温によって滅菌され、常に衛生的にご使用いただけます。

⑦ 多彩なスープづくりに対応
淡麗スープから超濃厚つけ麺スープまで、清湯スープから完全乳化スープまで調理可能。チャーシューや背脂等の食材にも対応できます。
 (6511)

掲載企業

この記事のキーワード