フロアの清掃はこれで万全:自動床洗浄機「スウィンゴ150」 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月17日 公開

フロアの清掃はこれで万全:自動床洗浄機「スウィンゴ150」

 (3717)

きれいなフロアでお客様をお迎えするのは、あらゆる飲食店に求められる課題です。

しかしモップを使った閉店後の床掃除は重労働。
特に飲食店のフロア汚れは油分を含んでいることが多く、きれいにすることは大変ですよね。
またお客様の食べこぼし、配膳時のミスなどで、フロアを汚してしまうこともあるでしょう。
思わぬ転倒事故に繋がる危険性もあり、できるだけ早く拭き取る必要があります。

ディバーシーの「スウィンゴ150」はモップのように手軽に扱える、超小型自動床洗浄機です。
糸モップでは「性能に不満を感じる」、従来の床洗浄機では「大きすぎる」現場に最適です。

モップ拭きのように手間も掛からず、
小さいボディのためお客様の邪魔にならずにスマートに床清掃が行えます。
雨天時の床の濡れ、泥汚れにも適しています。
カーペット用バキュームと同様の操作で、
散水とブラッシング、汚水回収まで行えるので、
汚水残留がほとんど無く、すばやく乾燥させることができるので、
店舗やレストランなど人通りが絶えない現場で転倒事故のリスクを低減し安全です。
また、歩行による再汚染を防止します。

【スウィンゴ150の特長】
糸モップの10倍以上の洗浄圧と高い汚水回収力により優れた洗浄効果を発揮します。
また、洗浄ユニットは高さが14cmですので什器の下などの洗浄がスムーズに行えます。

【シンプルな操作とコンパクト設計】
操作が簡単で小回りがきき手軽に使用できます。
また、ボディーがコンパクトですので持ち運びしやすく、収納が容易です。

【洗浄ユニット】
前後2つのスクイジーで汚水を回収することで、転倒事故や再汚染の原因となる汚水の残留を防ぎます。
作業後のフロアは、乾燥の待ち時間が不要ですみやかに使用できます。

【ブラシ圧調節】
2色のランプで最適なブラシ圧をお知らせします。
床面に応じてブラシ圧が調整できフロアマシンをダメージから守ります。

【タンクユニット】
清水・汚水タンクが一体型で簡単に取り外して洗えます。
正確な希釈に役立つ希釈カップを装備しています。

【簡単メンテナンス】
ブラシやスクイジーは工具なしで簡単に取り外せ、洗浄や交換ができます。
 (3720)




「スゥインゴ150」の驚異的な洗浄力を是非動画でご確認下さい。http://www.youtube.com/watch?v=1ui2YvwweTg




【掲載企業】ディバーシー株式会社 http://www.diversey.co.jp/
所在地:神奈川県横浜市中区山下町22番地
電話:045-640-2280