タジン鍋は目にも舌にも美味しい - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月15日 公開

タジン鍋は目にも舌にも美味しい

gettyimages (3142)

「タジン」とは、北アフリカ・モロッコで生まれた伝統料理です。

水が貴重なこの地方で、食材からでる水分を利用して
蒸し焼きにするというアイデアから考えられたユニ-クな蓋の形がタジン鍋の特徴です。

一見一体どっちが蓋なのか判らなくなるような形状ですが、
このドーム状の蓋が「タジン鍋」のひみつ。蓋の先端には穴がありません。

熱せられて食材から出た水分は蓋の先端で
冷えて水となって鍋の底に落ち、循環する水の力で素材の美味しさを逃さずに調理するのです。

タジン鍋による調理は簡単。お好きな食材を鍋に入れて火にかけるだけ!簡単に美味しい料理が作れます。

しかも水を使わないため加熱時間も大幅に短縮されとても経済的です。

油を使わないタジンはもともとヘルシ-な料理です。
良質のタンパク質にビタミンB1を含む豚肉と、たっぷりの野菜で、
栄養バランスが優れているだけではなく、コラ-ゲンも吸収されやすくなり美容にも効果的です。


1油をひかずに、鍋に食材を入れ火にかけます。
 野菜は鍋底に、肉類は上に ピラミッド のように積み上げます。

2中火で数分(ガスコンロで 約6-7分)過熱すると沸騰したようになり、
 鍋の縁に水分がでてきます。この状態になってから約1分過熱して火を止めます。

3そのまま蓋をとらずに2-3分余熱で蒸らして完成。約10分で出来上がり。
 耐熱素材で保温効果に優れ、食べ終わるまで熱々の状態で召し上がれます。


カセットコンロなどを使えばお客様の目の前で調理することも可能です。

テーブルの上に置かれたタジン鍋のユニークな形と、
出来上がりを待つ楽しさが評判になることは受けあい。
レストランや居酒屋など業種、業態を選ばずにお使いいただけます。




【掲載企業】合資会社 三木商店
所在地:東京都台東区西浅草2-22-5
TEL:03-3844-1259
gettyimages (3143)