料理専用メガネ【らくらく君】 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月16日 公開

料理専用メガネ【らくらく君】

 (3227)

仕事をしている最中、料理人の「眼」は片時も休んでいません。

あちらの肉の焼き加減はどうだろう、
こちらの鍋の状態はどうだろうと見ながら、手元で別の作業をしている。

料理人にとって「見る」ことは非常に重要な作業ですが、
このように作業中、常に様々な距離にピントを合わせる必要から、
料理人の眼のピントを合わせる筋肉は酷使され続けています。

その結果、眼の機能が低下し、
遠くの鍋から急に手元に視線を戻したりした時、
ピントが合いにくいという眼の「調整力」の低下をもたらします。

これに加齢による眼の機能低下が加わると、さらに状態は悪くなります。

こうした悩みを持つ料理人の方は多いのではないでしょうか。
そういう悩みを解決したレンズ『料理専用 らくらく君』を、
「メガネパリミキ」の名でよく知られている「メガネの三城」が開発しました。

このレンズの最大の特長は「中近両用レンズ」であることです。
30cmから3mまでの距離であれば、全てピントが合ってクリアに見えるレンズなのです。

「このレンズを使用してから作業がやりやすくなった」と様々な料理人の方から高い評価を得ています。

さらにこの『料理専用 らくらく君』は、
料理という作業環境に合わせ、熱に強い「耐熱性」と、
油などが跳ねても弾きやすく、汚れが拭き取りやすいコーティングが施されています。
価格は1万500円(税込み)と高機能なのにリーズナブルという部分も料理人の方に好評です。


テレビやラジオなどでご活躍のある有名料理評論家も『料理専用 らくらく君』の愛用者です。

料理では調理の最中に素材が変化していくのを見るのが好きだというその方。
しかし、最近、料理中に遠くのものが見えにくくなってきたことを意識し始めました。

そこでメガネパリミキでスペシャリストのアドバイスで
『らくらく君』を使ったところ、「掛けてみて本当にくっきり見えるのでびっくり。
『メガネってこうなんだ!』という新鮮な驚きでした。メガネを掛けるようになってから、
見えるうれしさをしっかり意識するようになりました」という感想を述べられています。

 (3230)

【掲載企業】株式会社 三城
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目7-17 ティファニー銀座ビル8F
電話:0120-199-101