ラーメンの季節到来、圧力寸胴の本領が発揮されます !! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年1月1日 公開

ラーメンの季節到来、圧力寸胴の本領が発揮されます !!

 (4342)


時折冷たい風が吹きはじめ、
街の人々の装いも秋の深まりを感じさせます。
そんなとき食べたくなるのが日本の国民食となったラーメン、
のれんをくぐって暖かな席に座って、熱いスープをすすりたくなってきます。

そう、ラーメンの味を決めるのはなんと言っても「スープ」です。
そのため、手間と時間を惜しまずに作られた「こだわりのスープ」で勝負する、
というのが、今までのラーメン店の常識でした。

そんな常識を覆し、業界の新しい常識を実現したのが、業務用大型圧力鍋「圧力寸胴」です。

乳化スープが1時間で完成する驚異の能力に加え、
従来の寸胴の5分の1以下の燃料費を実現!
下処理の手間を省き、大変だったスープを濾す作業もすべて圧力寸胴がやってくれます。



「圧力寸胴」を開発した平和リーシングは、
家庭用圧力鍋を作り続けて50年、培ったノウハウによる使いやすさを重視した新設計、
数々の安全機能や、鍋底が焦げ付かない新機能が搭載されるなど、魅力的な要素が満載です。

また従来の寸胴鍋では作れなかった臭みが無くクリーミーなスープ、
15%を超えるような高濃度のスープ等、新しい味を創造する可能性も広がります。
日本全国で既に数百台が稼働中です。

それでは「圧力寸胴」四つの魅力を詳しく見て行きましょう。
 (4344)

【安全性】
圧力鍋一筋50年の歴史が生んだ安全機能満載!
確実な動作を約束する圧力装置は2重3重の安全機能で安心して使用できます。
ふたが完全に閉まらないと、圧力がかからない安全機構や、家庭用圧力鍋で実用済みの
「圧力調整装置」をパワーアップ。さらにパッキンが圧力を逃がす新開発の「安全装置」を搭載しました。

【新設計】
「圧力寸胴」のサイズは内径51cm、45cm、39cm、36cmの4種類。
店鋪の規模・厨房の広さに合わせてお選び頂けます。
鋳物製品だからできる22mmの超圧底に加え、痛みやすいコーナー部分を超肉厚に強化し、
鍋底にはカスが溜まりにくく洗浄が楽なRをつけました。
持ちやすさを追求したパワー取っ手&補助取っ手で、傾けたり移動するのも楽々です。

【新機能】
業界初の大容量100ℓ超高圧だから短時間でスープが完成、
熱伝導の良いアルミ合金製だから耐蝕性と強度が違います。
さらに新発明のスープの液送装置と乳化装置を搭載し、スープの移し替えがバルブを回すだけでOK!
完全乳化のスープも同時に完成します。

【経済的】
今までは、乳化スープを作るのに大変な時間がかかっていました。
燃料費が高額になる上、厨房の温度が上昇しエアコンをかけるなど、
目に見えないコストがかかっていました。
これからは圧力寸胴で大幅な時間短縮が図れ、
正味1時間で完全乳化のスープが完成し、燃料費だけでも約5分の1になります。





【掲載企業】平和リーシング株式会社 http://www.heiwaleasing.co.jp/
所在地:東京都荒川区町屋3-21-7
電話:03-5692-5256