スペインが生んだ減圧加熱調理器ガストロバック! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年11月30日 公開

スペインが生んだ減圧加熱調理器ガストロバック!

 (203)

最先端の「美味しい」は「料理を科学」に変える。

バルセロナ発の最先端の調理器具メーカーICC(international Cooking Conspt)。
エル・ブジをはじめ、スペインや欧州の最も進んだシェフたちや科学ラボが生んだ減圧加熱調理器[ガストロバック]が今注目を集めています。
[ガストロバック] は自由に設定できる減圧度と加熱温度のコンロールにより、減圧時の食材の状況変化により新たな“ 火入れ”“ 香り付け”などを実現させることができる調理器です。


1.容器内を減圧しながら加熱
容器内を低圧状態にすることにより、容器内の液体(調味液など)の沸点を下げて加熱するため、調理物へのダメージが少ない上煮崩れの少ない調理が可能。また食材の色合いや栄養分・旨みを損なわず食材自身も持つ味や香りをストレートに表現することができます。
また、調味液やだしの風味などを効果的に食材に浸透させることができます。

2.加熱温度・減圧度を自由に調節
容器内の減圧度・加熱温度を食材や料理に合わせて微妙に調節することができるため、自由度が高く“ 味”や“ 香り”、“ 火入れ”の度合いなど、今まで出すことができなかった味覚や食感、香りにも挑戦することができます。
また容器内の温度は付属の温度センサーで計測することが可能です。

3.減圧効果が新たな味を創造
減圧することにより食材の細胞内の空気が膨張し「スポンジ効果」を生み出します。だしや調味液を浸透しやすい状況を作り出します。
通常の気圧に戻す際に食材内の空気が収縮すると同時に、食材の浸っている液体が強制的に吸収されます。味や香りなどの度合いを浸透度に合わせて減圧度や加熱温度・時間を調節することにより、新たな食感・美味しさを創造します。

【製品仕様】
製品ブランド:ICC /ガストロバック
製品型式:GASTROVAC
標準価格(税抜):¥900,000-
電源:単相200V 50/60Hz
電流:9.8A
消費電力:1.96kW
容器容量:10.5L
液体物処理量:8.0L
到達圧力:20×10 Pa (1.5a×10 Torr)
外形寸法:幅400× 奥行460× 高さ270mm
温度設定:10~150℃
質量:20kg
 (206)

【商品に対する問い合わせ先】
株式会社 エフ・エム・アイ(営業企画室 松尾まで)
〒538-0044大阪市鶴見区放出東3-11-31
TEL 06-6969-9393 FAX 06-6969-9391