エアコンのお掃除、お済みですか?(夏の準備得集) - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月16日 公開

エアコンのお掃除、お済みですか?(夏の準備得集)

 (3508)

エアコンは飲食店の必需品ですが、使用頻度の低い冬〜春の間に、
内部にはたくさんのホコリ・雑菌等が溜まっています。特にフィルターに付着したダニやカビはやっかい。
栄養源が豊富なエアコン内部は格好の繁殖場所となってしまうのです。

汚れた空気が室内に放出さると大変です。
お客様のお食事中に不快な臭いが漂うだけでなく、
店内にダニの死骸やカビの胞子をまき散らしてしまうわけですから、お店の評判はがた落ちです。

油やススのため冷却フィンが詰まることも多いのですが、
その結果、能力が低下し、電気代がかさみ、機械の寿命も縮めてしまいます。
今回の特集では、エアコンの清掃にスポットをあてて、
飲食店に役立ちそうな情報をまとめてみました。

一言でエアコン・クリーニングといってもその方法は様々。
まずは自分たちでできることを考えてみましょう。

掃除機とフィン・ブラシを使った
日常的な清掃を行うだけで、臭いはある程度予防することができます。

また、掃除機ではエアコンの表面近くしか
掃除しかできませんが、専用の洗浄剤を使うことで、
フィルターの奥にある「アルミフィン」についたホコリやカビも洗うことができます。
事前にホコリを除去し、電気回路を保護するなどの前処理を丁寧にするのがポイント。
 (3511)

洗浄機具を使うと、さらに効果が高まります。

洗浄剤をスプレーした後に、
水圧をかけた水をエアコンに吹き込むことで、
エアコンの奥にまで水が行き届き、清掃の効果が高まるのです。

洗浄器具は30,000円程度で売られており、
掃除用スプレーに比べるとコストはかかりますが、
小さなお店なら自力でかなりのところまでできるのが魅力ですね。

しかし素人ができる事には限界があります。
業者に依頼して分解・洗浄する方が安上がりということも考えられるのです。

技術的にも大変な作業ですから、費用は高価格となってしまいます。

内容も、内部ファンだけを取り外してきれいにする方法から、
エアコンの全ての部品を分解する方法まで千差万別。

安いから、といって業者を選ばず、
清掃の内容をきちんと把握して依頼することが大切だと思います。
 (3513)

最後に「エアコン・クリーニング」に関するリンク集を作ってみました。ご参考になさってください。

【エアコンの構造】
エアコントラブル相談室 http://www.eakon.jp/
ダイキン工業株式会社 http://www.daikinaircon.com/

【フィン・ブラシ】
空調工具TASCO http://item.rakuten.co.jp/kys/ta505b/

【フィン・クリーナー】
ショーワ株式会社 http://www.showa-water.co.jp/fin1.html

【高圧洗浄機】
ケルヒャー ジャパン株式会社 http://www.karcher.co.jp/

【洗浄業者】
株式会社ダスキン http://www.duskin.jp/campaign/house/sm100506/index.html?adw=100506
株式会社 大滝 http://inshokugyoukai.com/inshoku_CompanyProduct.do?id=2