国際食学協会 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年1月4日 公開

国際食学協会

国際食学協会

 (2527)

PR

国際食学協会とは「人々の健康を促す食生活の知恵」である食学の普及を目的とした団体です。

「現代社会において食育を推進普及するためには、
現代人にはまず食の知識が必要である。その知識は食養に基づくのが最も適している。」
私たちはこの考え方に基づき、学習プログラムを始めとしたさまざまな活動を行っております。

健康食、美容食、食文化など、食に関する知恵はいろいろありますが、
私たちIFCAでは、2005年の食育基本法成立に伴い、消費者志向でのさまざまな角度から
調査・研究を行った結果「食育」を普及するためのキーワード、及び食文化・食の理論における
知恵・学問・学術の総称を表す言葉として「食学」を定めました。


「食学」とは、日本、及び世界各地に伝わる民間療法からご家庭に代々伝わる
「お婆ちゃんの知恵袋」レシピ、マクロビオティック(英語表記:Macrobiotic)や
日本古来の食養学、現代栄養学まで全ての「食の知恵」を指し示す新しいコンセプトです。

IFCAは「国際マクロビオティックアカデミー」
「ジャパンビューティーフードセンター」「食学カレッジ」の各スクールを3本の柱として立て、
食に関してあらゆる角度から考察し、正しい知識を全国に普及する活動を行っております。

さらに当校で学ばれた方にのみ与えられる資格として、
IFCAでは、「食学士 / 準食学士」認定試験を実施しております。

【食学士】
食学についての知識・技能をIFCAが認定する「食学の専門家」の称号です。
IFCA所定の応用課程を修了したのち、「食学士認定試験」を受験、
これに合格すると「食学士」としての認定を受け、「食学士」となることができま す。
「食学士」になるまでには、直営校・認定校・認定教室のいずれかで、食学A級、美容食学A級、
マクロビオティックA級のいずれかに合格後「準食学士」 を取得して応用課程を修了しなくてはなりません。

【準食学士】
食学士に準ずる食学についての知識・技能をIFCAが認定する「食学の専門家」の称号です。
IFCA所定の専門課程を修了すると「準食学士認定試験」を受験できます。
合格すると「準食学士」としての認定を受け、「準食学士」となることができます。
「準食学士」になるまでには、直営校・認定校・認定教室のいずれかで、食学A級、美容食学A級、
マクロビオティックA級のいずれかに合格後、専門課程を1つ以上修了しなくてはなりません。
準食学士については短期間での準食学士取得を希望される方のために、短期集中合宿プログラムもご用意しております。
 (2530)

会社概要

会社名 国際食学協会
所在地 東京都豊島区東池袋1-14-10ポプラビル9F
代表者名 -
設立 2009年4月9日
資本金 -
年商 -
従業員数 -
営業日/時間 月〜金 10:00〜18:00
電話番号 0120-490-063(フリーダイアル)  03-5956-3190(fax)
お問い合わせ担当者 -

この記事のキーワード