株式会社カフェアパショナート東京 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月25日 公開

株式会社カフェアパショナート東京

株式会社カフェアパショナート東京

 (1918)

PR

カフェアパショナートのコーヒーは全て、
世界で生産される上位5%の極上の最高品質アラビカ種豆のみを使用しています。

標高1500メートル以上で栽培された豆は
寒暖の差により実がひきしまり、最高のコクと香りを持ったコーヒーです。

さらに、その極上のアラビカ種コーヒー豆は焙煎時に均一に火が通るよう、
傷が付いた豆がハンドピッキングにより取り除かれ、全ての豆の大きさが均一になるよう選別されます。

コーヒー豆を見れば、その品質は一目にしてお分かりになって頂けることでしょう。


カフェアパショナートのコーヒーはシアトルで最も高い評価を受けています。

シアトルには大小200社以上のコーヒー会社があり、
その内の大手数社は日本にも多数店舗を持っていることで知られております。

市民のコーヒーに対する関心は当然高く、
新聞社や大手外食産業会社が主催するコーヒーコンテストは熾烈を極めます。

そんな中、カフェアパショナートのコーヒーは最も美味しいコーヒーとして
長年にわたり評価され続けており、数多くの栄誉ある賞を獲得し続けております。

カフェアパショナートのブレンドはフレンチローストを始めとしたダークローストがベースです。

それでいて、ダークロースト独特の苦さや焦げ臭さを持たない
カフェアパショナートのコーヒーは、マイルドでコクがあり、胃にも優しい一杯です。

「酸味が低く、深いコク、豊かな香り、苦味のない後味」がカフェアパショナートコーヒーの極意です。

その特徴を決定する要素こそ、
「厳選された最高品質のアラビカ種コーヒーの使用」と
「独自の焙煎方法で低温度長時間ロースト」なのです。

“胃に優しい一杯”それが、カフェアパショナートが求める毎日飲めるコーヒーなのです。


カフェアパショナートのコーヒーは飛行機で空路輸入されてきます。

焙煎後のコーヒーの命は鮮度です。
いかに美味しいコーヒーでも古くなってしまえば味は落ち酸化して体にも良くないものとなります。

ほとんどの輸入コーヒーは船にて輸入され、
通常焙煎から商品がお客様に届くまで60日以上かかると言われております。

焙煎後直ちにシアトル国際空港より日本に出荷されるという
独自の輸送・流通方法により他社にない鮮度を維持・そして管理されております。

特にエスプレッソとして抽出して頂ければ、
他では見ることが不可能な美しいクレマをご覧頂けることでしょう。

健康志向が高まる現代において、
カフェインレスコーヒーを求める方が増えてきています。

しかし、カフェインを除去するプロセスで、
有機溶媒などの化学物質が使われていては意味がありません。

私たちのカフェインレスコーヒーには、
化学物質を一切使用せずにディカフェネイトする、
スイスウォータープロセスディカフェコーヒー豆が使用されております。
自然加工によるディカフェコーヒーの美味しさを見つけ、楽しんでください。

テクノロジーが人の温もりに取って代わり、
味よりも生産効率が重視される他の大手コーヒーロースティング会社とは
異なり、私達は変わらず、情熱と愛情をコーヒーのロースティングに込めています。

それはビジネスとしては甘いなんて言われる方にこそ、私達のコーヒーを味わって頂きたいです。

不断の努力と作業は最後には結局報われるものです。
 (1921)

会社概要

会社名 株式会社カフェアパショナート東京
所在地 東京都千代田区神田小川町2-3-18-4F
代表者名 露木 将久
設立 2004年3月
資本金 -
年商 -
従業員数 -
営業日/時間 月~金 9:00~18:00
電話番号 03-5577-8388
お問い合わせ担当者 清水

この記事のキーワード