佐藤哲二の飲食店講座VOL.3「立地判断・商圏調査」 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月18日 公開

佐藤哲二の飲食店講座VOL.3「立地判断・商圏調査」

gettyimages (453)

【立地の調査】
立地選びのポイントは業種業態に適しているかどうかです。ただ漠然と人通りが多い、駅に近いなどの条件で決めてはいけません。
立地を決める際には、広域的視点からエリアを絞った視点でその商圏に関してなるべく詳しく条件調査を行います。大切なのはその場所の土地柄をきっちりと把握することです。

【広域的視点】
将来の変化を予測しつつ人口・年齢・男女比・生活水準・職業・構成飲食店の数や分布状態を区役所、市役所などで調べてみましょう。
調査統計課の人口統計を利用して商圏内の種類別世帯数を調べ、年齢別構成をみてターゲットのおよその数をチェックすることも必要です。

【エリアの絞り込み】
広域の調査の結果から適切な商圏エリアを決定した後、競合店調査や来街者調査など絞り込んでの綿密な調査を行いましょう。
商圏エリア内の競合店のメニュー、価格は、営業時間、客層のデータを可能な限り集めましょう。競合店は自分の店の鏡です。その特色を知れば、自分の店でやるべき事が明確に見えてきます。

【お店を良い立地に変えるには】
交通の便が良く人が集まり、目立って入りやすい店はどんな業種業態にとっても良い立地と言えますが。既にあるお店の条件が悪く、お客様が集まらないこともあるでしょう。
こういった場合は立地に合わせてコンセプトを変えれば良いのです。裏道りでも場所の特色を活かした方針は必ず見つかります。立地に合わせた様々なプランや集客テクニックを提案させて頂きます。
gettyimages (454)

【編集部】佐藤圭一
【掲載企業】株式会社AMコンサルタンツ
所在地:東京都港区芝大門2-9-8
TEL:03-3868-0298



佐藤哲二(さとうてつじ)

飲食店の企画開発会社に入社後、立ち上げを専門に行う部署で、喫茶店・洋菓子店・飲食店の店舗企画を担当。約100店舗の立ち上げに参画し、主にコンセプトプランニング、メニュー開発、スタッフ育成業務などを受け持つ。飲食店舗の運営を全般的にサポートしながらレストラン業界に深く関わる。