佐藤哲二の飲食店講座VOL.1「事業収支計画」 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月17日 公開

佐藤哲二の飲食店講座VOL.1「事業収支計画」

gettyimages (308)

【飲食店の事業収支計画とは】
たとえ小さなお店でも企業体であることには変わりません。
飲食店に限らず、全ての企業において収支計画の立案は不可欠です。
しかし、お客様の来店は必ずしも予想通り運ぶとは限りません。
「予測出来ない」「店を開けてみないと判らない」こんな考え方が
今までの飲食店の収支計画を曖昧なままにしていました。

【収入に関する3つの数値】
収入(売上)に関して、必要な数値は「客単価」「客数」「回転率」です。
これらの数値は密接に繋がっています。互いに関係しながら、
売り上げという目標に到達する為のデータだ、と思って下さい。
お店のコンセプト、立地条件、メニュー構成に基づき数字を決め
その上で売り上げのシミュレーションを行う方法があるのです。
【支出とシミュレーション】
流動的支出の仕入れ・人件費、固定的支出の家賃・水道光熱費など、
具体的な数値を入れて支出構成比の割合を計算して行きます。
密接に関連し合った収入と支出の関係から、収益が予想されます。
後はそのシミユレーションに従って、どう動くかを考えれば良いのです。
将来を決定する指針を作り、それを実行することが大切なのです。

【シミュレーションプログラム】
私たちは飲食店の収支計画に特化したプログラムを開発しました。
必要最低限の数値を入力するだけで、上の図のように将来にわたる
収支計画を、直感的に解りやすい表やグラフとして見ることが出来ます。
飲食店経営は常に時代を先取りする先見性と知識が必要です。
私たちは経験と実績を活かしたツールとノウハウで、そのお手伝いが出来ます。

gettyimages (307)


佐藤哲二(さとうてつじ)

飲食店の企画開発会社に入社後、立ち上げを専門に行う部署で、喫茶店・洋菓子店・飲食店の店舗企画を担当。約100店舗の立ち上げに参画し、主にコンセプトプランニング、メニュー開発、スタッフ育成業務などを受け持つ。飲食店舗の運営を全般的にサポートしながらレストラン業界に深く関わる。