ハルーミチーズ市場規模、2027年に7億3,700万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年5月20日 公開

ハルーミチーズ市場規模、2027年に7億3,700万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ハルーミチーズの世界市場:タイプ(フレーバー、ノンフレーバー)、最終用途(フードサービス、家庭)、および性質(有機、従来型)別の市場機会分析および業界予測(2021年~2027年)」 (Allied Market Research) の販売を5月19日より開始いたしました。

ハルーミチーズの市場規模は、2019年に4億2,120万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて10.0%のCAGRを記録し、2027年には7億3,700万米ドルに達すると予測されています。市場への貢献度が最も高かったのは非フレーバー部門で、予測期間中のCAGRは9.8%となる見込みです。2019年のハルーミチーズ市場では、ヨーロッパが主導的な地位を占めており、今後もその優位性を維持すると予想されています。

ハルーミチーズはセミハードタイプのチーズで、その色は原料や製造工程によって白色から様々なものがあります。このチーズは生で食べることもできますが、焼いたり、揚げたり、すりおろしたりして温かい料理にかけることが多いです。伝統的に、ハルーミチーズはキプロスと呼ばれる中東とヨーロッパの間にあるキプロス地方で生産されるチーズの一種です。ハルーミチーズは、伝統的に羊の乳から作られます。しかし、キプロスでは製造方法と最終製品が異なることが多く、何が正しい製造方法なのか混乱しています。

ハルーミチーズは、時々消費される製品のカテゴリーに含まれます。そのため、消費者の間では、このような製品に対する需要は非常に安定しています。新型コロナウイルスの発生は、世界的に市場の成長に悪影響を及ぼしています。世界的なロックダウンによる生産量の低下により、ハルーミチーズの売上が減少しました。さらに、サプライチェーンの混乱は、世界市場への製品供給にも影響を与えています。

ハルーミチーズ市場の成長は、頻繁な旅行による異文化交流の高まりに起因すると考えられます。さらに、外食文化の高まりも、ハルーミチーズの市場に恩恵をもたらしています。また、ハルーミチーズは、焼いても硬いままなので、世界のベジタリアン層にとっては、肉の代わりになるものと考えられています。さらに、外食産業の増加と、そのような産業への導入が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。しかし、原料の混入が世界のハルーミチーズ市場の主な阻害要因となっています。また、一般的にチーズは健康に良いものとは考えられておらず、健康志向の高い人々は、脂肪分と塩分が多いチーズを避けることが多く、これも市場成長の妨げとなっています。逆に、人々の可処分所得の増加とファーストフード文化の成長は、ハルーミチーズ市場の成長にチャンスを与えると予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr992192-halloumi-cheese-market-by-type-flavored-unflavored.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F