動物性タンパク質の市場規模、2027年に585億30万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月11日 公開

動物性タンパク質の市場規模、2027年に585億30万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物性タンパク質市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):製品タイプ・形態・用途・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月10日より開始いたしました。

動物性タンパク質の市場規模は、2019年に440億9,000万米ドルとなり、2027年には年率5.4%で585億30万米ドルに達すると予測されています。

動物性タンパク質は、タンパク質成分の一種で、特に卵、乳製品、魚などを原料としています。動物性タンパク質は、発泡剤、乳化剤などとして、食品・飲料、化粧品、栄養補助食品などの業界で広く使用されています。動物性タンパク質には、卵タンパク質、魚タンパク質、ゼラチン、乳タンパク質など、さまざまな種類があります。乳児用粉ミルクの需要が増加していることから、市場では乳タンパクなどの動物性タンパク質の需要が高まっています。さらに、化粧品やパーソナルケア業界での動物性タンパク質の需要の高まりは、予測期間中の動物性タンパク質市場の成長に大きなチャンスをもたらすと予想されます。さらに、動物性タンパク質市場は、地域、主要企業、エンドユーザー、セグメントに基づいて分析されています。

COVID-19は、化粧品やその他のパーソナルケア製品に対する消費者の購買意欲に深刻な影響を与えています。レストランやパーティーイベント、オフィスなどの閉鎖により、化粧品やパーソナルケア製品の売上が世界的に減少しています。その結果、化粧品やパーソナルケア製品の製造に使用される動物性タンパク質原料の需要も妨げられ、世界的なパンデミックの際には市場の成長が阻害されました。

世界の動物性タンパク質市場は、製品タイプ、形態、用途、地域に分類されています。製品タイプでは、卵タンパク質、乳製品タンパク質、魚タンパク質、ゼラチンに分類されます。形態別では、固体と液体に二分されます。用途別では、食品・飲料、医薬品・栄養補助食品、化粧品・パーソナルケア、飼料に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、オーストラリア・ニュージーランド、日本、ASEAN、韓国、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、その他のLAMEA)に分類されています。

製品タイプ別に見ると、2019年の動物性タンパク質市場は、卵タンパク質セグメントが最も高い割合を占めています 卵タンパク質市場の成長は、ベーカリー、菓子、スナック製品、加工肉、水産物などの食品の調理に使用される消費量の増加に牽引されています。しかし、予測期間中、ゼラチンセグメントが最も高いCAGRで成長すると予想されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1006002-animal-protein-market-by-product-type-form.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F