食品・飲料用金属缶市場:2025年までCAGR6.1%で成長、市場規模は370億米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年4月15日 公開

食品・飲料用金属缶市場:2025年までCAGR6.1%で成長、市場規模は370億米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「食品・飲料用金属缶市場:材料別、種類別、内圧別、用途別、地域別 - 2025年までの世界市場予測」 (MarketsandMarkets発行) の販売を4月15日より開始いたしました。

マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)によると、世界の食品・飲料用金属缶市場は、2020年には276億米ドルと推定され、2025年には370億米ドルに達すると予測されており、CAGRは6.1%を記録しています。アルミのリサイクル率が高く、健康志向の高い消費者が増え、食品や飲料の健康的な栄養素に対する意識が高まっていることから、金属缶の需要が高まっています。シングルユースのプラスチックを使用することの欠点に関する意識の高まりと、環境に悪影響を与えるようなプラスチックの使用を禁止するための政府の介入が大幅に食品・飲料用金属包装市場の成長を牽引してきました。

素材別では、食品・飲料用金属缶市場はアルミニウムセグメントが大きなシェアを占めると予測される

予測期間中、材料別ではアルミニウムセグメントが市場を支配すると予測されています。これは、アルミニウムの費用対効果とリサイクル率の高さに起因しています。食品・飲料の包装に金属製の包装材を使用するケースが増えていることで、複数の用途での包装に再利用可能で環境に優しいソリューションが提供されています。アルミ缶は冷蔵庫やオーブンに使えることでも便利です。消費者の嗜好の変化は、食品・飲料の包装にも見られます。米国環境保護庁(EPA)によると、ビールや清涼飲料缶用のアルミニウム包装は190万トン生産され、アルミニウム飲料缶の49.2%がリサイクルされています。食品業界向けの金属製包装は安全性が高いとされており、市場の成長を支える大きな要因の一つとなっています。

用途別に見ると、予測期間中の食品・飲料用金属缶市場では、飲料セグメントがより大きな規模を占める

用途別に見ると、食品・飲料用金属缶市場は、食品と飲料にセグメンテーションされています。飲料缶は、炭酸飲料、非炭酸飲料、スポーツ&エナジードリンクの消費量が多いため、より大きなシェアを占めると推定されています。アルコール飲料の消費量の増加は、飲料缶市場の成長につながっています。また、健康的な飲み物に向けた消費者動向の変化は、予測期間中の金属缶市場を牽引しています。

予測期間中、北米が最大の市場シェアを占めると予測される

2019年の食品・飲料用金属缶市場では、北米が最大の市場シェアを占めました。北米地域の食品・飲料用金属缶市場は、環境の持続可能性に対する消費者の意識の高まりが大きく牽引しています。北米は食品・飲料の主要生産国です。さらに、北米はアルミ缶の最大の消費地であり、この地域は世界の包装食品・飲料の多数の消費者によって占められています。研究開発への旺盛な投資と技術進歩は、北米の食品・飲料用金属缶市場の国内生産にプラスの影響を与えると予想されます。これらの要因が北米地域の食品・飲料用金属缶市場を牽引しています。

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama931152-food-beverage-metal-cans-market-by-material.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F