世界で広がるBYOをさらに進化、もちこみ専門店が4月19日オープン。楽しみ方いろいろ、アルコールや食事を持ち込んでリラックスタイム - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年4月12日 公開

世界で広がるBYOをさらに進化、もちこみ専門店が4月19日オープン。楽しみ方いろいろ、アルコールや食事を持ち込んでリラックスタイム


アドミッションフィーは30分480円から。ボトルワインなど一部の持ち込みは有料で、店内のメニューもあります。

世界で広がるBYO(Bring Your Own)をいち早く取り入れる「もちこみcafe ブラックの女王」(所在地:東京都新宿区)が4月19日(金)にオープンします。世界に向けて日本発のサービスとなる「もちこみ専門店」。アルコールや食事(コンビニ弁当等)の持ち込みが原則無料です。

▼もちこみcafe ブラックの女王|公式サイト:https://www.queen-of-black.com

■ソフトドリンク飲み放題付き「家飲みするなら、来い!」

BYO(Bring Your Own)はワインを持ち込むスタイルで、英語圏のレストランではかなりポピュラーになっています。当店はBYOをさらに進化させた「もちこみ専門店」です。アルコールもフードも持ち込み料金は原則0円。アドミッションフィーは30分480円から、ソフトドリンクは飲み放題です。

<アドミッションフィー>

30分480円

90分1,280円

フリータイム2,480円

アルコール類は原則持ち込み無料ですが、ボトルワイン750mlは1,500円、焼酎750mlは1,000円など、一部フィーをいただきます。ウイスキーは750mlで3,000円をいただきますが、アイス(氷)などは無料でボトルキープが可能です。店内での有料ドリンク、フードもご用意しました。ドリンクはハイボール500円、カシスオレンジ500円ほか多数。フードは話題のパネチキン(2,3人前)2,480円、海鮮カルパッチョ1,280円、タピオカクテル 600円などをお出しできます。

当店のコンセプトは「家飲みするなら、もちこみCafé ブラックの女王へ!」です。誰にでもカラオケやネットカフェではないものの、外でのんびりしたいという気分の時はあることでしょう。そんな時に一人でスマホの動画を楽しんだり、カウンターでスタッフと話したり、友達と楽しむ夜カフェ、会社の同僚と楽しむ2次会としても楽しめる空間を提供します。

※価格は税込み

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTEyOSMyMTg1ODAjNjExMjlfUnhMbWVQTU9xQi5qcGVn.jpeg ]

<もちこみcafe ブラックの女王>

所在地:東京都新宿区高田馬場1-24-18 アサイガーデンコート2F

電話番号:03-6882-2688

アクセス:高田馬場駅早稲田口から徒歩3分

営業時間:23:00-翌5:00

定休日:Web確認

FREE Wifiあり

【株式会社きもちについて】

本社:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-18

代表者:代表取締役HUMMER

設立:2011年6月

電話番号:03-6205-5312

URL:https://www.kimochi-inc.com

事業内容:

・人材育成を目的としたコンサルティングセールス事業

・子供・シニア向けのプログラミング教室「まならぼ」の運営

・飲食店「BYOワインバル パスタの女王」「もちこみcafe ブラックの女王」の運営

・その他