アイスのようでアイスじゃない!新食感のハイブリッドチーズケーキを6月26日(水)にネット先行販売開始 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年6月25日 公開

アイスのようでアイスじゃない!新食感のハイブリッドチーズケーキを6月26日(水)にネット先行販売開始


ローザンヌ株式会社(本社:岡山県小田郡、代表取締役社長:渡辺 和己)は、チーズタルト専門店『リトルローザンヌ』以下「リトル」)の新商品、アイスのようでアイスじゃない!新食感のハイブリッドチーズケーキ「くちどけセレブ」を6月26日(水)にネット先行販売開始します。

ローザンヌ株式会社(本社:岡山県小田郡、代表取締役社長:渡辺 和己)は、チーズタルト専門店『リトルローザンヌ』以下「リトル」)の新商品、アイスのようでアイスじゃない!新食感のハイブリッドチーズケーキ「くちどけセレブ」を6月26日(水)にネット先行販売開始します。

「くちどけセレブ」 URL: http://littlecheesetart.com/kuchidokeceleb.html

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODAwMiMyMjM0ODUjNDgwMDJfd0diTWNGU1lCbC5qcGVn.jpeg ]

■「くちどけセレブ」の特長

アイスのような食感ですが風味はベイクドチーズケーキそのもので、アイスを食べているのかチーズケーキを食べているのかわからなくなる不思議な新感覚のハイブリッドチーズケーキです。香料を使用せず北海道産のチーズを限界まで使用した生地を、オーブンでしっかり焼いた後に凍らせました。そうすることで、今までにない“とろ~り”冷たい食感と本物のチーズの風味を楽しめます。

■オーブンで焼く理由

オーブンを使い独自のノウハウで焼くことで、アイスクリームなどの柔らかいスイーツでは再現することの出来ない、ベイクドチーズケーキの焼いたおいしさを感じられるように仕上げることができます。

■解凍時間で、食感と風味が変化

常温解凍10分: アイスのようなほど良いくちどけと、濃厚なチーズの風味を感じていただけます。

常温解凍15分: とろふわ食感の独特な食感と、少し甘さが増したチーズの風味を感じていただけます。

冷蔵庫解凍2時間:とろとろ食感で口に入れた瞬間になくなる絶妙な味わいのスイーツになります。

■「くちどけセレブ」を作った背景

チーズ風味のアイスはよくありますが、香料を含んだものが多いために本格的なチーズの旨みを味わえません。

また、チーズの使用量が少ないと味が薄くなってしまいます。そこで、リトルではアイスのように冷たい食感で、本物のチーズケーキの風味を、お客様に楽しんでいただける物を作りたいという思いから試行錯誤しました。そして完成したのが、本格的なベイクドチーズケーキのおいしさと高級アイスのような“とろ~り”冷たい食感を同時に楽しめる夏にぴったりのハイブリッドスイーツです。

■ ️リトルローザンヌについて

リトルは、岡山県小田郡矢掛町に本店があるチーズタルト専門店で矢掛町、イオンモール岡山店の2店舗を運営。混ぜるととろとろになる半熟食感の「熟成とろとろチーズケーキ」が話題となり現在も人気を得ている。

URL : http://littlecheesetart.com/

■運営会社 ローザンヌ株式会社について

ローザンヌ株式会社は、「優しいお菓子作り」がコンセプトで、主に砂糖・バターを使わずに作る「純生はちみつロールケーキ」の製造販売をしており発売以来、1箱1,944円のロールケーキが、人口15,000人の田舎でありながら累計100万本以上の販売を達成。