狩猟解禁ジビエシーズン到来! 新宿三丁目の肉バル「パンとサーカス」が5周年を記念し、ジビエ初心者向けに食べ比べができる「国産ジビエ_グリル5種盛り」を提供します - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年11月14日 公開

狩猟解禁ジビエシーズン到来! 新宿三丁目の肉バル「パンとサーカス」が5周年を記念し、ジビエ初心者向けに食べ比べができる「国産ジビエ_グリル5種盛り」を提供します


株式会社宮下企画が運営する、新宿三丁目の肉バル「パンとサーカス」にて「国産ジビエ_グリル5種盛り」を9800円で提供します。
狩猟解禁となる11月15日(木)より2月15日(金)までの期間限定で、国産ジビエ「エゾ鹿/猪/熊/穴熊/青首鴨」の5種類を食べ比べできる一皿。
12月16日に迎える5周年を記念し、ジビエが初めての方にも気軽に試して頂けるよう特別価格でご提供します。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfaWhUeUh5WHFxWS5qcGc.jpg ]

株式会社宮下企画が運営する、新宿三丁目の肉バル「パンとサーカス」にて

「国産ジビエ_グリル5種盛り」を9800円で提供します。

狩猟解禁となる11月15日(木)より2月15日(金)までの期間限定で、

国産ジビエ「エゾ鹿/猪/熊/穴熊/青首鴨」の5種類を食べ比べできる一皿。

12月16日に迎える5周年を記念し、ジビエが初めての方にも気軽に試して頂けるよう特別価格で提供します。 

「国産ジビエ_グリル5種盛り」

エゾ鹿/猪/熊/穴熊/青首鴨

特別提供価格9800円(1日限定3食)

【背景】

日本の野生鳥獣による農作物被害額は172億円にも及び、頭数を抑えるために大量に捕獲・駆除されているという事情があります。

野生鳥獣の狩猟肉(ジビエ)の美味しさを知ってもらうことで、“害獣”という「いかにも存在しないほうがいい生き物」と一般的に認識されている存在の概念を変えたい。

そんな思いからパンとサーカスでの料理開発に至りました。

ここ数年で「ジビエ」という料理ジャンルはだいぶ浸透しましたが、まだ食べたことがない方もいる。

ジビエを食べたことがない方にまずは美味しさを知っていただきたい。

そのきっかけとなるために、5種類の異なるジビエを食べ比べできるメニューを考案しました。

【メニュー概要】

熊・エゾ鹿・イノシシ・アナグマ・青首鴨の国産ジビエ5種類の盛り合わせ。

パンとサーカスの看板メニューである、「グリル肉盛り」を

ジビエシーズンだけの限定メニューとして国産ジビエのみで構成しました。

当店の5周年を記念し、特別価格9800円でご提供します。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfcmZzdGpWQVJOcy5qcGc.jpg ]

<3つの特長>

1 ジビエシーズン限定のフェアメニュー

日本では11/15~2/15が野生鳥獣の狩猟解禁となります。

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。冬に向けて脂肪分を蓄える芳醇な肉をご賞味ください。

2 国産ジビエが5種の食べ比べができて9800円と一般相場より割安

一般的なフレンチレストランで食べると一皿、一種類で3000円~8000円ほどと敷居が高く

「身近に楽しんでいただける肉料理」ではないのが現状です。

パンとサーカスでは価格調整のために、長年お付き合いのある仕入先から系列3店舗で

一頭まるごと仕入れることや、一種あたり80gと単品商品より少ない量で5種類を盛り合わせることで、

若い方や初めての方でも気軽に食べていただけるよう努力しています。

3 パンとサーカスの5周年記念で5種類

エゾ鹿(えぞじか):北海道/モモ

牛肉を淡白にしたようなクセのない味わい。

牛肉に比べカロリーは約3分の1、脂肪分は15分の1程度で、鉄分やDHAも含まれています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfdkt6SURGZ0VWbS5qcGVn.jpeg ]
​ ​



猪(いのしし):鳥取/モモ

コクがある赤身、 とろけるような脂身のバランスが絶妙。

良質のたんぱく質や、疲労回復や皮膚の健康・新陳代謝を促すビタミンB郡、

良質な脂肪酸を含みます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfRGVjd0dlVVFkUC5qcGVn.jpeg ]

熊(くま):北海道/入荷により異なる

身体を内側から温める、滋味溢れる味わい。

大変精力が強いため、マタギの間ではクマの血を飲むと体温が上がるといわれており、

貧血病の薬として珍重されているそうです。 

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfV1ZnZFBxT1NmUC5qcGVn.jpeg ]

穴熊(あなぐま):九州/入荷により異なる

アナグマ(別名ムジナ)は1頭からとれる肉の量が少ないことから

流通が難しく、希少なジビエ肉です。

たっぷりのった優しい甘みの脂と、強い旨味の赤身。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfVVVXd0pqempMby5qcGc.jpg ]

青首鴨(あおくびがも):入荷により異なる/モモ・ムネ肉

野鳥を代表する鴨。

鉄分を含んだ赤身の肉は濃いコクがあり、皮下脂肪も厚く

野生的な風味と食味を味わうことができます。

※雌が入荷する場合もございます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfbHN0ZGlDdlpVRy5qcGc.jpg ]

5種類の野生鳥獣の肉を、あえてシンプルに塩だけで仕上げています。

肉本来の味を食べ比べていただくことで、それぞれ違った味わいを知ってもらい

初めての味わいに驚きを感じ、ぜひお好みの肉を見つけていただきたいと思います。

【今後の展望】

ジビエの美味しさを知ってもらい、より多くの方に食べてもらいたい。

2019年は亥年、来年1月は「イノシシ肉」を

お正月料理を中心に様々な調理法でご提案するフェアを行う予定です。

【店舗情報】

新宿肉区 パンとサーカス

東京都新宿区新宿3-3-7 三慶ビル4F

(地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩2分/JR 新宿駅 徒歩5分)

03-6457-8532

ランチ  11:30~15:00 (月曜のみランチは休み)

ディナー 17:00~翌24:00 

無休

http://miyashitakikaku.com/store/pancircus/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjY5MCMyMTEzNTIjMzY2OTBfT3pjV3V0Q3BUeC5qcGc.jpg ]

【運営会社】

株式会社 宮下企画

ジビエ居酒屋「米とサーカス」や、近未来風の肉バル「パンとサーカス」、

ゴールデン街のバーなど、特色ある飲食店の企画・運営を行う。

東京都新宿区高田馬場 2-19-8

03-3461-2234

代表取締役 宮下正徳

都内5店舗/神奈川県に1店舗

2010年10月設立

http://miyashitakikaku.com/