冷凍食品販売で規格外農作物ロス減少のプロジェクトを4月4日開始。「もったいない! 食材リメイク冷凍食品」クラウドファンディングで目標金額200万円 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月26日 公開

冷凍食品販売で規格外農作物ロス減少のプロジェクトを4月4日開始。「もったいない! 食材リメイク冷凍食品」クラウドファンディングで目標金額200万円


5月17日(月)23時59分59秒まで支援を募り、集まった金額全てをファンディングするAll-In方式です。地元農家の規格外野菜を利用することでコストを下げるとともに、新型コロナウイルス禍に苦しむ飲食店と農家を救います。

Cafe & Bar たこやき大王(所在地:福岡県久留米市、代表:梶原大輔)は4月4日(日)、冷凍食品にすることで規格外農作物ロスをなくすためのプロジェクトを開始しました。名付けて「もったいない! 食材リメイク冷凍食品」。クラウドファンディングサイトのCAMPFIREにて実施中で、目標金額は200万円です。

▼プロジェクト「冷凍食品をつくって、規格外農作物ロスをなくしたい!」|CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/406429

■商品化できなかった農作物を冷凍食品にして活用
新型コロナウイルス禍でCafe & Bar たこやき大王も厳しい状況が続いています。店舗の存続と新しい時代に対応するための策を考えた時に思いついたのが、以前から興味を持っていた冷凍食品づくりでした。

冷凍食品には以下の利点があります。

・賞味期限が延ばせるので保存食になる。
・調理が不要で、温めたり自然解凍したりするだけで簡単にお店の味が再現できる。
・余った食材を冷凍してストックすることで食品ロスを減らせる。
・ネット販売で全国に届けられる。

このような利点を持つ冷凍食品を販売することで、新型コロナウイルス禍に対処することができると考えました。同時に農家の育てた農作物の中から、商品にはならないものの美味しく食べられる規格外農作物(形がいびつだったり、大きすぎたり、小さすぎたりするもの)や捨てられる農作物を買い取り、冷凍食品(「もったいない! 食材リメイク冷凍食品」)にして販売することとしました。

農業従事者の話によると、災害(台風やひょうなど)や形の悪さが原因で売りに出せない農作物は少なくないそうです。そこでそうした農作物を買い取って冷凍食品をつくり販売することで、コストを削減し農家の収益を向上させ、さらには農家の後継者不足を解消する一助にもなれるのではと考えました。

<「もったいない! 食材リメイク冷凍食品」の特徴>
・形が悪くて省かれた食材や、災害で売りに出せない食材を使って食材ロスを軽減。
・地元の野菜を優先して使用。
・プロが一つ一つ丁寧に手作りする冷凍食品で、添加物、保存料なし。
・冷凍食品でも美味しさを追求。
・仕入れた野菜を使用し、たこ焼きや鉄板焼など、Cafe & Bar たこやき大王の既存メニューを冷凍食品にする。
・仕入れた野菜次第では、Cafe & Bar たこやき大王のメニューにはないスイーツやおつまみを新たに開発する。

■支援コースは1,000円から5,000円まで、コースごとにリターン
プロジェクトの目標金額は200万円で、5月17日(月)23時59分59秒までに集まった支援が全額ファンディングされるAll-In方式です。支援は1,000円から可能。コースごとにリターンをご用意しました。

・1,000円コース:礼状+大王特製たこ焼き8個入り
・1,000円コース:礼状(純粋に応援したい方向け)
・2,500円コース:礼状+大王特製冷凍焼きそば1人前+特製お好み焼き1人前+特製たこ焼き8個入り
・3,500円コース:礼状+冷凍たこ焼き8個入り+大王オリジナル冷凍ガトーショコラ1ホール
・5,000円コース:礼状+大王おつまみ、鉄板焼きセット(冷凍タコス3個入り+冷凍豆腐チーズ1人前+たこ焼き8個入り+冷凍山芋鉄板焼き+せせりバター炒め1人前+冷凍豚平焼き+冷凍ホルモン1人前)

支援いただいた資金の使い道は以下の予定です。
・コンテナハウス:60万円
・コンテナハウス改装費:80万円
・急速冷凍庫:88万円*
・冷凍ストッカー:15万円
・真空包装機:66万円*
・野菜を買い取る仕入れ資金:30万円
・製造許可代金
・販売するための安全検査代金
・包装紙、パッケージなどの代金
*は既に購入済みです。

スケジュールは以下の通りです。
5月17日:クラウドファンディング締め切り
6月上旬:コンテナハウス設置、改装開始
6月下旬:保健所立ち入り検査終了後、冷凍食品製造許可取得
7月上旬:商品開発、HP開設
8月上旬:リターン発送

既に契約農家は確保しています。製造所を設置する土地は現在購入予定ですが、それまではCafe & Bar たこやき大王 代表の妻の実家が所有する土地にコンテナハウスを置いて稼働させます。久留米市の保健所によると、実際にコンテナハウスでの営業許可 を得ているパターンは多くあるそうです。

今後は冷凍食品を全国にお届けして、2023年には冷凍食品販売売り上げを年間5,000万円にすることが目標です。

<Cafe & Barたこやき大王店舗概要>
所在地:〒839-1233福岡県久留米市田主丸町田主丸653-1
代表者:梶原大輔
電話番号:0943-72-0020
営業時間:平日18:00~25:00(L.O.24:00)、金・土18:00~26:00(L.O.25:00)
定休日:火曜日(変動あり)