飼料プレバイオティクス市場ータイプ別、家畜別(家禽、牛、豚、水産養殖、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2028年 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年10月6日 公開

飼料プレバイオティクス市場ータイプ別、家畜別(家禽、牛、豚、水産養殖、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2028年


Research Nester Private Limitedは、飼料プレバイオティクス市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年10月 06日 に発刊しました。これは、飼料プレバイオティクス市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

Reports are segmented by type (inulin, mannan oligosaccharides (MOS), fructooligosaccharides (FOS), galactooligosaccharides (GOS), etc.); by livestock (poultry, cattle, pigs, aquaculture, etc.) and their subs. Further overview of detailed segment analysis. The feed prebiotics market is expected to register a significant CAGR worldwide during the forecast period of 2020-2028.

According to the International Association of Probiotics and Prebiotics Science, prebiotics are efficiently consumed by host microorganisms to target bacterial clusters that promote gut health. Prebiotics are also widely used as natural feed salts for animal nutrition because of their health benefits. They play an important role in the nutrition of both livestock and domestic pets. The global market for feed prebiotics is primarily supported by increased meat and milk consumption among consumers around the world. This encourages the livestock industry and meat producers to use salts such as prebiotics.

Growing demand for meat and milk consumption around the world

飼料プレバイオティクスの世界市場は、主に世界中で肉と牛乳の消費量が増加していることに支えられています。世界的な認識のおかげで、食品の安全性は政府の主要な関心事になり、消費者は肉の外因性の製造と品質を重要視するようになりました。また、消化の改善、動物のパフォーマンスの向上、免疫システムの改善など、プレバイオティクスの消費に伴う多くの健康上の利点も、全体的な成長をサポートします。また、最近の食中毒の発生により、動物由来の食餌における細菌性病原体を減少させる必要性が高まった。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

主要企業
飼料プレバイオティクス市場における業界のリーダーはAbbott、Beghin Meiji、Behn Meyer、BENEO、Cargill, Incorporated、COSUCRA、FrieslandCampina、Jarrow Formulas, Inc.、Roquette Freres、Royal Cosunなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。製品の多様化とさまざまな業界での重要性の高まりにより、ヨーロッパ市場は世界の飼料プレバイオティクス業界を支配していました。北米では、米国でBSE、PEDv、豚インフルエンザなどの病気の発生が増加しているため、大幅な成長が見込まれています。これにより、製造業者の間で高品質の飼料を確保するために、動物飼料に使用される成分の重要性が高まっています。

飼料プレバイオティクス市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
· 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
· ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
·  アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
·  中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2733

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123 
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール  : info@researchnester.com

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/feed-prebiotics-market/2733