リコピンの市場規模、2025年に1億6100万米ドルに到達、CAGR5.0%で成長見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年5月26日 公開

リコピンの市場規模、2025年に1億6100万米ドルに到達、CAGR5.0%で成長見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「リコピンの世界市場:原料別 (合成、天然)・用途別 (栄養補助食品、食品、医薬品、パーソナルケア用品)・剤型別 (錠剤、油懸濁液、乳剤、粉末)・特性別・地域別の将来予測 (2025年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を5月26日より開始いたしました。

世界のリコピン市場は、2020年の1億2600万米ドルから2025年に1億6100万米ドルに達し、CAGR5.0%を記録すると予測されています。予防医療においてリコピンの利点が認められ、さまざまな業界でも利用が始まっていることが同市場の成長を牽引しています。

健康食品や着色料としての利用で、消費量が増加

リコピンは、サプリメント、食品、パーソナルケア・化粧品、医薬品など様々な業界で消費量が増加しています。第一に健康食品成分として、次に着色料として需要があります。リコピンの市場シェアの大部分は、健康食品向け用途に占められます。同市場の着色料用途は、比較的小さいシェアに限られます。これは、食品業界でリコピンの着色料としての利用が限定されているためです。一方、健康食品成分としてのリコピンの利用は拡大しており、今後の成長が期待されます。

最高のCAGRを記録する栄養補助食品分野

先進国、発展途上国を問わず、ミレニアル世代を中心にサプリメントの需要が増加しています。リコピンは、個人が毎日摂取するサプリメントの重要な成分となっています。また、専門家によると、今後5年間でサプリメントの摂取量が世界的に高くなると予測されています。したがって、健康に与える利点が明らかなため、リコピンは栄養補助食品用途で重要な役割を果たしており、2020年から2025年までの成長を後押しすると期待されています。

最も好まれるリコピンの形態となるビーズレット型

2019年のリコピン市場では、ビーズレット形態のリコピンが最大のシェアを占めており、その需要は2025年まで拡大しつづけると予測されています。ビーズレットはリコピン濃縮物の含有率が最も高いため、世界の様々な産業で最も一般的に使用されている形態です。油性懸濁液、粉末、乳剤などの形態の中で、ビーズレット形態はリコピンメーカーのほとんどが生産しており、その結果、リコピンの需要が増加していると考えられます。このように、需要と供給の両面からビーズレット型のリコピンが優位に立っており、市場を支配しています。

合成リコピンが市場で圧倒的なシェアを占める

合成原料リコピンは、製造コストが安いこと、加工が簡単であること、様々な業界への応用が容易であることなどの理由から、多くの製造企業が注力しています。また、合成原料リコピンは広く入手可能であり、市場ではトップシェアを誇っています。しかし、消費者の健康志向の変化に伴い、健康に関した利点から天然物への需要が高まっています。したがって、天然由来のリコピンは、リコピン市場で最も高いCAGRを示すと予測されています。

アジア太平洋地域が最高のCAGRで成長

アジア太平洋地域の市場成長を牽引する要因は、同地域のリコピン製造企業の存在があります。また、この地域は、トマトの生産量が最も多く、その結果、世界的に原材料の調達コストが低くなっています。技術の発展と豊富な原材料により、様々な産業に対して低価格でリコピンの生産と供給が可能になり、アジア太平洋地域のメーカーは他の地域の競合他社よりも優位に立っています。さらに、食品、栄養補助食品、パーソナルケア・化粧品などへの利用により、リコピンの利点に関する意識が高まり、需要を後押しすることが期待されています。また、アジア太平洋地域で生産されたリコピンの余剰分は輸出に回されるため、市場シェアをさらに押し上げると見込まれています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama933130-lycopene-market-by-source-synthetic-natural.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F