ナッツ製品の市場規模、2025年に20億米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月22日 公開

ナッツ製品の市場規模、2025年に20億米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ナッツ製品の世界市場 (~2025年):タイプ (ナッツバター・ナッツペースト/マジパンペースト/ペルシパンペースト・ココア入りナッツフィリング・ココアなしナッツフィリング・カラメリゼナッツ・ナッツ粉)・ナッツ区分・エンドユーザー/用途・品質・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月21日より開始いたしました。

ナッツ製品の市場規模は、2020年の15億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2025年には20億米ドルに達すると予測されています。消費者の植物性製品やグルテンフリー製品への志向や健康意識の高まりが、ナッツ製品市場を促進しています。また、ベーカリーやコンフェクショナリー用途での主要プレイヤーによる採用も、ナッツ製品市場の成長を後押ししています。

COVID-19によるナッツ製品に対する影響

パンデミックの影響で、スナック、乳製品、ベーカリー、製菓などのナッツベースの製品に対する需要が不安定になり、サプライチェーンに悪影響を及ぼしています。COVID-19がもたらしたサプライチェーンの混乱は、ナッツ製品市場にとって困難なものでした。一方で、ナッツを主原料とする製品の消費動向は、緩やかな成長が見込まれます。ナッツ製品市場のサプライチェーン関係者は、ナッツやその付加価値製品に対する、今後の予期せぬ急騰に対応するために準備を進めています。

牽引要因:健康意識の高まりによる食生活の変化

消費者の健康意識の高まりと、各地域での可処分所得の増加は、高品質なナッツ製品を選ぶ傾向を促進しています。健康やウェルネスを謳った利便性の高い製品に対する消費者の嗜好の変化が、ナッツ製品の高い需要につながり、消費パターンも進化しています。ペーストやバターなどのナッツベースの製品は、欧州や北米市場を中心に、数多くの焼き菓子に利用されています。

抑制要因:原料となるナッツの入手可能性とコストの変動

ナッツ製品の原材料は農産物であり、その価格や入手の不確実性は高くなります。エキゾチックで珍しいナッツは、収穫量が変動するため、入手が困難です。ナッツ類を原材料として利用する素材メーカーは、綿密な計画に基づいた在庫管理システムを構築する必要がありますが、中小規模のメーカーは、通常そのようなシステムはありません。そのため、ナッツをバターやペースト、フィリングなどの付加価値の高い製品に加工するプロセスにコストがかかり、最終的には消費者が購入する商品価格に反映されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama997252-nut-products-market-by-product-type-nut-butter-nut.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F