豚用飼料の市場規模、2021年から2027年にCAGR3.5%で成長、2027年に1,212億米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年5月19日 公開

豚用飼料の市場規模、2021年から2027年にCAGR3.5%で成長、2027年に1,212億米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「豚飼料の世界市場:製品タイプ(スターター、グロワー、フィニッシャー)、形態(ペレット、マッシュ、クラム)、自然(従来型、有機)別の市場機会分析および業界予測(2021年~2027年)」 (Allied Market Research) の販売を5月18日より開始いたしました。

豚用飼料の市場規模は、2019年には1,002億米ドルとなり、2021年から2027年にかけて3.5%のCAGRを記録し、2027年には1,212億米ドルに達すると予測されています。

豚の飼料としても知られている豚の飼料は、植物または動物由来の栄養素の組み合わせから調製され、主に大豆粕、トウモロコシ、大麦、小麦、ソルガム、ミネラル、ビタミン、その他の微量栄養素、抗生物質などが含まれています。豚用飼料には、マッシュ、パン粉、ペレットなど、さまざまな形態のものがあります。養豚場のオーナーの間では、ペレット状の豚用飼料が最も人気があります。さらに、豚肉の消費量が増加していることが、売上金額ベースでの豚用飼料の需要を牽引しています。これは、養豚用飼料が豚に栄養分を供給するためです。このことが、売上金額ベースでの豚用飼料市場の成長を牽引しています。豚用飼料市場の分析は、地域、主要企業、セグメントごとに行われています。

コロナウイルスの発生により、商業施設における豚肉の需要が減少し、その結果、これらの施設を通じた豚肉の消費にマイナスの影響が出ています。その結果、豚の肉の消費量が減少し、豚用飼料の売上高にも影響を与えています。したがって、売上金額ベースでの市場の成長を妨げています。

豚用飼料市場は、製品タイプ、形態、性質、地域に基づいて分類されています。製品タイプでは、スターター、グロワー、フィニッシャーに分類されます。形状別では、ペレット、マッシュ、クラムに分けられます。性質別では、従来型と有機型に分類されます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア・ニュージーランド、韓国、ASEAN、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、その他のLAMEA)に分類されています。

製品タイプ別では、2019年はグロワーセグメントが最も高い市場シェアを占めています。スターターまたはクリープフィードは、あらゆるサイズの豚の将来の発展のために重要です。クリープ給餌またはスターターは、子豚をより早く成長させ、満足のいく離乳重量を達成するために不可欠です。また、母乳から固形飼料への移行を容易にし、腸や消化酵素の発達を促すことで、子豚が乳以外の食物から栄養分を消化できるようになります。このように、スターターフィードやクリープフィードには、前述のような利点があるため、農家では良質な豚を生産するための需要が高まっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr992185-swine-feed-market-by-product-type-starter-grower.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F