食品eコマースをテーマにした初の展示会が9月11日から東京ビッグサイトで開催。TOC有明にて併催される「B to B EC」「料理人向けEC」セミナーに注目! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年9月2日 公開

食品eコマースをテーマにした初の展示会が9月11日から東京ビッグサイトで開催。TOC有明にて併催される「B to B EC」「料理人向けEC」セミナーに注目!


食品のeコマースに携わる方、これから始めたい方向けのセミナーです。展示会は会期3日間、9月13日まで開催します。

コンベンションのトータルマネージメントを手がけるアテックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:竹茂昭)は9月11日(水)から13日(金)に、TOC有明4Fで食品eコマースをテーマにしたセミナーを開講します。食品のeコマースに携わる方、これから始めたい方に向けたもので、「B to B EC」「料理人向けEC」と、業務用での用途を検討されている方にもダイレクトに響く内容となっています。

▼フードeコマース主催者セミナー:

 http://www.f-sys.info/common/pdf/seminar_fe.pdf

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzMzOCMyMjczMDUjNjMzMzhfeGlDU3JkaXpGQy5KUEc.JPG ]

■9月12日セッションは成功事例とその秘訣、会社の成長の秘密をお届け

2018年の食品・飲料・酒類のEC化率は2.64%にとどまり、他の商品カテゴリーに比べ低い数値でした。生鮮食品ゆえの配送の問題や「食品は自分の目で見て品定めしたい」といった消費者の声、ネットスーパーは需要が高まりつつも収益化が困難などの課題が原因と思われます。

しかし、これらをクリアすることで一気にEC化は進められるはずです。夫婦の共働き増加に比例した“時短”への需要拡大、高齢化による買物弱者の増加など、食品ECのさらなる普及・発展が望まれる環境は整っています。

こうした状況をふまえ、今回新たに企画された展示会が「フードeコマース」です。食品のEC普及をテーマに、9月11日(水)~13日(金)の3日間、東京ビッグサイト・青海展示棟で初めて開催されます。主催は、食品業界のイーコマースの発展を、展示会やセミナーで促進することを目的として設立された団体・食品イーコマース普及協会。数あるECの中でも、「食品」業界に絞った展示会は国内初で、食品事業者からの注目も高まっています。

<フードeコマース開催概要>

会期:2019年9月11日(水)〜同13日(金)10:00-17:00

会場:東京ビッグサイト青海展示棟

来場予定者:4万8,000名(同時開催展含)

入場料:2,000円(税込)※ただし招待券持参者、WEB事前来場登録者は無料

同時開催展:フードシステムソリューション(F-SYS)、フードセーフティジャパン(FSJ)、フードファクトリー(FF)、フードディストリビューション(FD)、SOUZAI JAPAN

▼フードeコマース事前来場登録:https://www.f-sys.info/registration/index.php

展示会を開催するにあたり、情報を配信するセミナーの必要性も求める声が上がりました。そこでB to B EC、料理人向けEC、サブスクリプションビジネスの紹介のほか、食品通販市場の動向、生鮮食品のECなど様々な種類のセッションを開催することとしました。会期3日間を通じ、食品ECをテーマにした6つのセミナーを実施。WEBによる聴講申し込み制で、現在受付中です。

特にオススメしたいのがBtoB向けのテーマで開催される2つのセミナーです。サントリーマーケティング&コマースの成功事例と秘訣を伝えるセッション、業務用食材のECがテーマのセッションです。

<注目のセッション>

【9月12日】11:30-12:15

 B to B ECで電話対応件数8000件減! サントリーM&Cの秘訣

 谷内一樹氏(サントリーマーケティング&コマース株式会社市場開発本部企画開発グループ通販企画チーム課長)

 江原智規氏(株式会社アイルB to B EC推進統括本部)

サントリーマーケティング&コマース様がB to B ECの活用で大幅な業務効率化・自社および取引先の売上アップを実現させた成功事例とその秘訣を、実際の現場の生の声とともに紐解いてお伝えします。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzMzOCMyMjczMDUjNjMzMzhfQU5SUGpYV2ZLRy5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzMzOCMyMjczMDUjNjMzMzhfeENSd05Td1p5ai5qcGc.jpg ]

【9月13日】15:15-16:00

 料理人向けECによるラストワンマイル改革

 松田雅也氏(八面六臂株式会社 代表取締役)

飲食店向けに特化したEコマースを展開する八面六臂株式会社。鮮魚や青果、精肉などの生鮮食品だけにとどまらず、冷凍品や日配品、ワインなど、品揃えを拡充し、現在、1都3県の中小個店の支持を伸ばしている。食品流通におけるIT導入のあり方や課題、そしてEコマースのあり方などを解説します。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzMzOCMyMjczMDUjNjMzMzhfRUZLTkFQUURBbi5qcGc.jpg ]

▼主催者セミナー聴講申込:https://www.f-sys.info/seminar/

会期当日は、青海展示棟とセミナー会場間でシャトルミニバス(無料)を運行します。およそ5分に1本運行し、片道約10分です。運行時間は10:30-16:00。

その他のセッションは以下です。

【9月11日】

11:30-12:15

 食品の通信販売市場の最新動向

 大篭麻奈氏(株式会社矢野経済研究所フードサイエンスユニット主任研究員)

12:45-13:30

 日本におけるサブスクの現状と今後の食品サブスクリプション

 杉山拓也氏(一般社団法人 日本サブスクリプションビジネス振興会事務局長 サブスクエバンジェリスト)

 井出有希氏(株式会社シェアダイン共同代表)

【9月12日】

12:45-13:30

 オイシックス・ラ・大地の成長を支えるサブスクリプションモデル

 「優れた場の設計の重要性」について

 奥谷孝司氏(オイシックス・ラ・大地株式会社統合マーケティング本部・店舗外販事業部管掌 店舗外販事業部部長 COCO執行役員)

【9月13日】

13:15-14:00

 生鮮食品ECの新しい形

 福﨑康平氏(クックパッド株式会社買物事業部本部長 Japan VP)

■出展者によるセミナーも開催、展示に加え各社ソリューションを紹介

主催者セミナーのほか、フードeコマース展示会場内では、出展者によるセミナーも開催されます。展示に加え、各社のソリューションを紹介するセッションにより、来場者の関心・理解を深め、食品ECの促進を図るものです。

ECソリューションセミナー

【9月11日】

・なぜ BtoB EC を導入する企業が増えているのか? 実例をご紹介!

 (株式会社 アイル)

・-120°Cの世界が食品輸送に革命を起こす

 (株式会社エイディーディー/株式会社トライ・カンパニー)

・フード e コマースの絶対条件 ―高速表示の重要性

 (株式会社 Spelldata)

・年商 1 億円、営業利益 20%を達成する食品EC事業の作り方

 (リライズコンサルティング株式会社)

・「Foodlive」を活用した取引拡大提案と「Foodloss」への取組紹介

 (伊藤忠食品株式会社)

・新規顧客のコンバージョンが最大化する決済手段とは?

 (ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社)

【9月12日】

・新規顧客のコンバージョンが最大化する決済手段とは?

 (ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社)

・DtoC、BtoBモデルのECサイト向け最新セキュリティ対策をご存知ですか?

 (アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

・フード e コマースの絶対条件 ―高速表示の重要性

 (株式会社 Spelldata)

・中小メーカーこそ勝機!B to B EC事業で成功をつかむ戦略設計とは

 (リライズコンサルティング株式会社)

・人材不足を IT システムで補う為の通販管理システムの活用について

 (株式会社アクアリーフ)

・なぜ B to B ECを導入する企業が増えているのか?実例をご紹介!

 (株式会社アイル)

【9月13日】

・人材不足を IT システムで補う為の通販管理システムの活用について

 (株式会社アクアリーフ)

・10兆円ギフト市場へ。新時代 EC・通販に「売れるギフト商品開発」で切り拓く!

 (ソーノカスタマーマーケティング株式会社/株式会社アドブレイブ)

・なぜ B to B ECを導入する企業が増えているのか?実例をご紹介!

 (株式会社アイル)

・フード e コマースの絶対条件 ―高速表示の重要性

 (株式会社 Spelldata)

・感動体験がロイヤル顧客を産む!「一見さん」を「常連」に変えるメール接客術

 (株式会社ラクス)

・AIで実現する顧客の行動予測  - 『レコメンド』の真の実力

 (シルバーエッグ・テクノロジー株式会社)

・食品ECでリピート売上を急拡大させる鉄板CRM施策とは?

 (株式会社アドブレイブ)

■出展者一覧

フードeコマース2019の出展者は以下のようになっています。

・アイル:B to B専用ECパッケージ・Web受発注システム「アラジンEC」

・アカマイ・テクノロジーズ:スピードとインテリジェンス、そしてセキュリティをEdgeで

・アクアリーフ:助ネコ通販管理システムのご案内

・アドブレイブ:ニュースサイト「通販通信」、マッチングサイト「ECマッチング」、 CRMツール「アクションリンク」

・ECのミカタ:EC業界相関図、ECのミカタ通信vol.17

・伊藤忠食品:食品・酒類の総合卸売業である伊藤忠食品が運営する、Foodliveのご案内

・エイディーディー/トライ・カンパニー:ADDフリーザー・ドライアイス代替保冷剤

・シフト:自社パッケージを用いたサイト構築のご提案

・ジャックス・ペイメント・ソリューションズ:コンビニ後払い決済のご案内

・シルバーエッグ・テクノロジー:サイト・スマホアプリで使える高精度レコメンドエンジン

・Spelldata:フードeコマース 品質検査(表示速度、コード品質、コンテンツ品質)

・天然生活:受発注OK・通販・各種小売店様向け菓子卸サービス 「Sweets Market」のご紹介

・ヤプリ:アプリ開発プラットフォーム「Yappli」の紹介

・ヤマトクレジットファイナンス:クロネコ掛け払い

・ラクス:Maildealer

・リライズコンサルティング:食品業界に特化したコンサルティング

※五十音順、8月30日現在

【アテックス株式会社について】

本社:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル4階

代表者:代表取締役社長 竹茂 昭

設立:1986年9月

電話番号:03-3503-7611

URL:https://www.a-tex.co.jp

事業内容:

・公益法人・団体を主体としたコンベンショ ンの企画・運営およびコンサルティング

・産業見本市・展示会・トレードショーなど エキジビションの主催および企画・運営

・各種セミナー・シンポジウム・国際会議などカンファレンスの主催および企画・運営

【一般の方向けのお問い合わせ先】

フードeコマース事務局(アテックス(株)内)

担当:小倉

TEL:03-3503-7611

Email: ogura@a-tex.co.jp