素材に徹底的なこだわり、自家製麺にトリプルスープの和風そば店が7月5日、川口市でグランドオープン。市内から移転、店名も新たに生まれ変わり - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年6月24日 公開

素材に徹底的なこだわり、自家製麺にトリプルスープの和風そば店が7月5日、川口市でグランドオープン。市内から移転、店名も新たに生まれ変わり


スープに大山鶏を使用し、海の素材を掛け合わせた深みのある味わいを実現しました。そばは自家製麺、チャーシューは四元神威豚を使用しています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjE1MCMyMjMyOTEjNjIxNTBfVnFGelJtV2VwbC5qcGc.jpg ]

自家製麺に無化学調味料、旨味たっぷりのスープが自慢の「おとなの塩soba」(所在地:埼玉県川口市)が7月5日(金)にグランドオープンします。長年愛されてきた川口市末広2丁目の「和風鶏そばkousei」が移転。店名も新たに生まれ変わるものです。

▼おとなの塩soba|ラーメンデータベース:https://ramendb.supleks.jp/s/117242.html

■手間をかけたトリプルスープにコシのある麺が特徴、調味料にもこだわり

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjE1MCMyMjMyOTEjNjIxNTBfd1BVTVltand0WC5qcGc.jpg ]

「おとなの塩soba」は徹底的に素材にこだわっているのが特徴です。スープに匠の大山鶏を使用。海の天然素材あご、いりこ、あじ、昆布、さば、鰹節を掛け合わせました。さらに淡路島の藻塩5種類と2種類の昆布で出汁を丁寧に取り、あさり、はまぐり、渡り蟹、エビ、ムール貝を合わせる、手間をかけた旨味たっぷりのトリプルスープの味わいです。

そばは小麦の香りと甘み、コシのある麺に仕上げました。醤油は加賀百万石・金沢伝統の味「ヤマト醤油味噌」の生醤油と本醸造無添加濃い口をブレンド。チャーシューは日高四元神威豚をじっくりとローストし、今まで味わったことのない深い旨味を実現しました。化学調味料を使用しないことで、素材の良さを最大限に生かすことができ、そばの本当のおいしさを味わっていただけます。

<おとなの塩soba メニュー>

・塩そば(880円)

・醤油そば(800円)

・赤い彗星(担々麺)(930円)

・ワンタン麺(780円)

当店は川口市末広2丁目で2年半前から営業している「和風鶏そばkousei」が移転し、新たにオープンするものです。店名も変更。さらに素材へのこだわりを増し、パワーアップしてのグランドオープンです。

営業は11時から14時30分まで。ただし、スープ、食材がなくなり次第終了とさせていただきます。

<おとなの塩soba>

所在地:埼玉県川口市上青木西1-19-34

アクセス: JR京浜東北線西川口駅

営業時間:11:00-14:30