UHT処理の市場規模は、2025年には67億米ドルに到達予測 保存期間の延長が求められる液状・半液状の飲食料品の処理方法として有効 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年1月14日 公開

UHT処理の市場規模は、2025年には67億米ドルに到達予測 保存期間の延長が求められる液状・半液状の飲食料品の処理方法として有効


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「UHT (超高温殺菌) 機器の世界市場 (~2025年):動作モード・最終製品形態 (液体・半液体)・用途 (牛乳・乳製品デザート・ジュース・スープ・代替乳製品・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を1月14日より開始いたしました。

UHT(超高温殺菌)処理の市場規模は、2020年の35億米ドルから2025年には67億米ドルに達し、CAGR13.5%で成長すると予測されています。

COVID-19のUHT加工市場への影響

UHT処理市場の主要製品メーカーには、Tetra Laval International S.A. (Tetra Laval) (スイス)、SPX Flow (米国)、GEA Group (ドイツ)、Alfa Laval (スウェーデン)、Microthermics (米国)、REDA S. P.A. (イタリア)などが含まれます。これらの企業は、アジア太平洋、欧州、北米、南米、中東、その他の国に製造・サービス施設を展開しています。COVID-19は、これらの企業の製造・生産に一定の影響を与えました。このパンデミックは彼らのビジネスに影響を与えたものの、UHT装置部門のグローバルなオペレーションとサプライチェーンに大きな影響はありませんでした。

牽引要因:賞味期限を延長した食品・飲料の需要の増加

インド、オーストラリア、アフリカ、南米などの熱帯国では、高温・多湿で資源も限られているため、牛乳加工やその他の液体・非液体製品の加工は、コールドチェーンのインフラが発達している温帯気候の国に比べて困難です。そのため、牛乳やその他の液体製品は腐敗率が高く、チーズは適切な冷却条件を確保することが難しく、熟成が進みすぎる傾向にあります。

UHT処理は、保存期間の延長が求められる液状・半液状の飲食料品の処理方法として有効であり、微生物汚染を除去することができます。この点で、UHT処理製品は、赤道に近い開発途上国や熱帯気候の国では、物流コストや冷蔵コストを抑えることができるというメリットがあります。

牛乳の主要タンパク質であるカゼインは、熱処理の影響を全く受けません。例えば、UHT牛乳の栄養価は0.90と報告されており、生乳の0.91と大きな差はありません。一般的に、家庭で調理された食品は、UHT処理された食品よりもビタミンやタンパク質の損失が大きくなります。有害なバクテリアの減少または破壊など、生産工程上の有益な効果とともに、牛乳などの食品への熱処理による栄養価への影響が最小限であることが、TetraPakにより確認されました。このような要因がUHT処理の市場を推進してきました。

抑制要因:高額な設備投資

食品・飲料加工メーカーは、UHT処理装置の購入や設置に莫大な設備投資を必要としています。これらのタイプの処理装置は、設置コストが高いだけでなく、タイムリーなメンテナンスが必要であるため、高い追加コストとして食品・飲料加工業者や製造業者の営業利益に影響を与えています。製造業者は、UHT処理装置を設置する代わりに、より経済的なオプションを探しています。低温殺菌装置などの処理装置は、UHTプラントに比べて設備投資が少なく、年間のメンテナンスコストも節約できます。

UHT処理装置は、対象製品を処理するための専用設備や、各種原料を使用して各種パッケージを製造するための設備が必要となるため、初期設備投資が高額になります。様々な製品のUHT処理には、各種の空冷機、洗浄機、ヒーター、ホモジナイザー、加圧機などが必要となり、メーカーのUHT処理への参入には莫大な投資が必要となります。このことで、製造業者がUHT処理に参入するのを躊躇し、UHT処理市場の抑制要因となっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama969369-uht-processing-market-by-mode-operation-end.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F