インスタントティープレミックスの市場規模、2027年に21億米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月21日 公開

インスタントティープレミックスの市場規模、2027年に21億米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インスタントティープレミックス市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):形態・製品タイプ・流通経路・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月18日より開始いたしました。

インスタントティープレミックスの市場規模は、2019年に14億米ドル、2021年から2027年にかけて6.8%のCAGRを記録し、2027年には21億米ドルに達すると予測されています。インスタントティープレミックスは、通常のお茶の代替品としての役割を果たし、短時間でお茶を準備するために頻繁に使用されています。この種のお茶は、取り扱いや準備が簡単で、血糖値の調整にも役立つため、オフィスで非常に好まれています。インスタントティープレミックスは、ミルクや水と混ぜるだけで簡単に作れる粉末状の飲料で、新陳代謝を高め、機能性を向上させ、長時間の水分補給を可能にします。

インスタントティープレミックスは、食用酸、野菜エキス、ビタミン、芳香剤、フルーツパウダーなどを配合したペースト状、粉末状、顆粒状などの形態で広く販売されています。これらは、砂糖を使用した飲料や無糖の飲料の形で提供されています。さらに、保存期間が長く、コストも安いことから、インスタントティーのプレミックスは世界中で大きな需要があり、予測期間中、特に発展途上国で大きな成長が見込まれています。

肥満に関する懸念の高まりは、世界のインスタントティープレミックス市場の成長を促進する主な要因となっています。最も広く使用されているインスタントティープレミックスの1つは緑茶で、効率的な血糖値調整や体重減少など、いくつかの健康上の利点があります。

また、インスタントティープレミックスは、既成飲料の需要の増加に伴い、特に企業において急速に普及しており、市場の成長を促進しています。さらに、消費者のライフスタイルの変化により、食習慣が大きく変化しているため、世界中でインスタントティープレミックスの需要が高まっており、これが市場の成長を後押しすると予想されています。

インスタントティープレミックスは、お茶の文化が浸透している新興市場で人気があります。さらに、健康意識の高まりと可処分所得の急増が、インスタントティープレミックスの市場の成長を後押ししています。さらに、様々な企業がインスタントティーに健康的な成分を追加していることも、市場の成長に寄与しています。しかし、コーヒー消費量の増加や、予測不可能な気候条件による原材料価格の変動が、この市場の主な阻害要因となっています。逆に、ハーブティーの需要が増加していることや、インスタントティープレミックスの新しいフレーバーや品種が登場していることは、この市場に成長の機会をもたらすと予想されます。

さらに、業界の主要企業は限界価格戦略を採用しており、これが市場全体の成長を妨げると予想されています。また、インスタントティープレミックスの認知度が低いことも、市場の成長を妨げる要因となるでしょう。マーケティング戦略の革新により、今後数年間でインスタントティープレミックスが普及すると予想されます。さらに、小売店のウェブサイトを通じて製品を入手できるようになったことや、特に新興市場において小売チェーンの統合に向けた市場関係者の努力が、市場に有利な機会をもたらすと予測されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009296-instant-tea-premix-consumption-market-by-form.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F