レトルト包装市場は2025年まで5.18%のCAGRで成長し、45億米ドルに達する - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年4月21日 公開

レトルト包装市場は2025年まで5.18%のCAGRで成長し、45億米ドルに達する


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「レトルト包装の世界市場:種類別 (パウチ、トレイ、カートン)・材料別 (PET、ポリプロピレン、アルミホイル、PA、PE、板紙)・最終用途別 (食品、飲料)・地域別の将来予測 (2025年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を4月21日より開始いたしました。

レトルト包装市場は、2020年の35億米ドルから2025年には45億米ドルに成長し、CAGRは5.18%になると予測されています。レトルト包装の需要は、世界のインスタント食品の成長と増加に起因します。仕事での忙しい生活、単身世帯の増加、消費支出の増加などが、インスタント食品の市場を後押しし、レトルト包装の市場を牽引しています。

金額と数量の両面で、パウチセグメントがレトルト包装市場をリードする

タイプ別では、パウチセグメントがレトルト包装の最大市場になると予測されています。パウチの圧倒的な市場ポジションは、その耐久性に起因しています。このセグメントの成長は、食品・飲料業界の製品包装のための需要に起因しています。軽量で場所をとらず、消費期限が長いなど、レトルトパウチの特性は、ブリキ缶の代替手段になりえます。

金額と数量の両面で、食品のエンドユ-スセグメントが最大の市場になる

食品には、インスタント食品、肉・鶏肉・魚介類、ペットフード、ベビーフード、スープ・ソースなどがあります。それらはレトルト包装の成長に大きく貢献してきました。レトルト包装は、食品業界に革命を起こしました。食の販路開拓に貢献し、旬の食材を一年中食べられるようになりました。人口動態の変化に合わせて、消費者は食べ物を得るうえで、より便利な方法を探し続けています。

金額と数量の両面で、アジア太平洋地域が世界市場の中で最も高いシェアを占める

アジア太平洋地域は、中国、オーストラリア、韓国、日本などの需要により、世界市場をリードすると予測されます。同地域は世界の人口の半分以上を占めており、仕事での多忙な生活や一人当たりの所得の増加により、便利な商品への需要が増加しています。この地域の消費者は、手間をかけずに食べられる調理済み食品を求めており、レトルト食品の需要が拡大しています。

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama931154-retort-packaging-market-by-type-pouches-trays.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F