食品用乳化剤の市場規模、2020年から2025年はCAGR4.7%で成長 加工食品の需要の高まりが市場の推進要因に - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年8月24日 公開

食品用乳化剤の市場規模、2020年から2025年はCAGR4.7%で成長 加工食品の需要の高まりが市場の推進要因に


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「食品乳化剤の世界市場 (~2025年): モノグリセリドおよびジグリセリドとその誘導体・レシチン・ソルビタンエステル・ポリグリセロールエステル・ステアロイル乳酸ナトリウム」 (MarketsandMarkets) の販売を8月24日より開始いたしました。

食品用乳化剤の市場規模は、2020年の32億米ドルから2025年には40億米ドルに達し、CAGRは4.7%で成長すると予測されています。可処分所得の増加による加工食品の消費と食品用乳化剤の増加が、市場を牽引すると予想されています。

推進要因:コンビニエンス食品の増加やCovid-19の影響による消費拡大で、高品質な商品への需要が高まる

食品の消費パターンは、無加工食品から加工食品、超加工食品へとシフトしています。先進国では多忙なライフスタイルのため、料理をする機会が減少し、間食が増えました。消費者は、パンやシリアル、冷凍食品やパッケージ食品、加工肉や加工魚などの加工食品を購入する傾向が強まっています。この結果、各種コンビニエンス食品の市場が拡大しており、飲食業界における食品用乳化剤などの加工原料の消費量を押し上げることになりました。乳化剤などの食品加工原料は、製パン・製菓、コンビニエンス食品、乳製品・冷凍デザート、食肉製品などに多く使用されています。食品用乳化剤は、製品のボリュームと保存性を向上させるだけでなく、見た目の改善に役立ちます。また、乳化剤は、その全体的な脂肪含量を減らすことを目的として、食品の多くの添加物に取って代わるようになっています。食品メーカーは、食品中の悪玉コレステロール(低密度リポタンパク質、またはLDL)を減らすために乳化剤を使用することが多く、加工食品への使用が増加しています。

covid-19の経験後、消費者は製品とその由来について関心を持つようになりました。これにより、ハイエンド製品の需要がさらに高まっています。より多くの人々が最高品質の製品のために高い金額を投資する傾向にあります。これはまた、食品用乳化剤市場の成長にプラスの影響を与えます。

用途別では、乳製品および冷凍デザート部門が市場を支配

用途別では、ベーカリー製品、製菓製品、コンビニエンス食品、乳製品・冷凍デザート、食肉製品などに分類されています。特に北米と欧州の先進地域では、乳製品および冷凍デザート用途の消費が増加していることから、同部門が市場を支配すると予測されます。

アジア太平洋地域は最速で成長

アジア太平洋地域では、人口の増加、所得の増加、急速な都市化に牽引されて、食品・飲料製品の消費が着実に増加しています。これらの要因により、食品用乳化剤や加工食品の採用が拡大しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama949957-food-emulsifiers-market-by-type-mono-di-glycerides.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F