ペットミルクの市場規模、2027年に1億7,310万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月22日 公開

ペットミルクの市場規模、2027年に1億7,310万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ペット用ミルク市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):ペットタイプ (犬・猫)・製品形態 (粉末・液体)・流通経路 (ペット専門店・量販店・直接販売・Eコマースなど)・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月21日より開始いたしました。

ペットミルクの市場規模は、2019年に1億1,630万米ドル、2021年から2027年にかけて6.9%のCAGRを記録し、2027年には1億7,310万米ドルに達すると推定されています。

ペットミルクは、ペットミルクリプレーサーとも呼ばれ、犬・子犬や猫・子猫に与えるために特別に作られた特殊なミルクのことです。母犬や母猫の健康状態が悪く、母乳(初乳)を出すことができない場合や、多産で母乳の量が不足している場合には、ペットミルクが代替品として使用されます。新生児の犬や猫の生存、成長、発育に必要な栄養素やタンパク質を十分に供給することができるため、このようなシナリオではペットミルク代替品が必須となります。

都市化、核家族化、可処分所得の上昇、ペットの健康効果に関する意識の高まりなどが、予測期間中に世界のペットミルク市場を押し上げる主な要因となっています。世界の人々は、猫や犬などのペットを自宅で飼うことを好みます。さらに、人々は自分のペットを家族の一員のように扱う傾向があり、これはペットの人間化と呼ばれています。ペットヒューマナイゼーションのトレンドは非常に人気が高く、ペットオーナーは高品質のフードやおやつ、その他の必須アクセサリーをペットに与えることに重点を置いています。さらに、COVID-19のパンデミックが発生したことで、自宅での隔離が求められるようになり、ペットを飼う人が増えました。これらの要因が、予測期間中の世界のペットミルク市場の成長を促進すると考えられます。

世界のペットミルク市場は、子犬や子猫の出生率と死亡率に大きく影響されます。子犬と子猫の死亡率はともに高く、これがペットミルク市場の成長にマイナスの影響を与えています。さらに、ペットミルクのメーカーは、ペットミルクの内容物に関する政府の厳しい規制に従わなければなりません。さらに、多くの厳しい政府規制が世界のペットミルク市場の成長を妨げています。

ペットミルク市場は、ペットタイプ、製品形態、流通チャネル、地域に分けられます。ペットタイプでは、市場は犬と猫に分類されています。製品形態では、粉末と液体に分別されます。流通チャネル別では、ペット専門店、量販店、消費者への直接販売、電子商取引、その他に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、フランス、イタリア、ロシア、ドイツ、ポーランド、スペイン、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、その他アジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、アルゼンチン、南アフリカ、その他LAMEA)に分類されています。

ペットミルク市場は、ペットの種類別に見ると、2019年には犬のセグメントが5,920万米ドルと最も貢献度が高くなっていますが、ペットとしての猫の人気が高まることで、予測期間中はこの両セグメントが収益面でほぼ同等になる可能性があります。犬は、しつけがしやすく、マナーや命令を簡単に教えることができるため、猫よりも人気があります。しかし、米国、中国、日本、英国などの国々では、ペットとして猫を飼うことで、低コスト、省スペース、屋外での散歩の必要性がなくなることから、猫の人気が非常に高まっています。そのため、将来的には猫部門の収益は犬部門と同等になると予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009290-pet-milk-market-by-pet-type-dog-cat-product-form.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F