絶対に肉じゃがに見えない「高級肉じゃが」が六本木に登場!“ステーキ&創作和フレンチ”レストランが、和と洋のエッセンスを凝縮した新メニューを提供開始 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年2月26日 公開

絶対に肉じゃがに見えない「高級肉じゃが」が六本木に登場!“ステーキ&創作和フレンチ”レストランが、和と洋のエッセンスを凝縮した新メニューを提供開始


「LORE(ローレ)」は、グランドハイアット東京で研さんを積んだオーナーソムリエが、ミシュラン一つ星の2年連続獲得に貢献したシェフと協力して開業。日本で愛され続けるソウルフード・肉じゃがを大胆にアレンジした新メニューは、想定外のビジュアルが楽しめる新感覚の肉じゃが料理です。

2019年7月に六本木にオープンした、“ステーキ&創作和フレンチ”のレストラン「LORE(ローレ)」(所在地:東京都港区、オーナーソムリエ:土屋剛芳)では、2020月4月1日(水)より、新メニュー「見た目も新感覚な高級肉じゃが」の提供を開始します。

▼LORE(ローレ)|公式サイト:http://roppongi-lore.com/

■シェフは、ミシュラン一つ星の2年連続獲得に貢献した実力派
LORE(ローレ)は、“ステーキ&創作和フレンチ”という、これまでにない新しい食のジャンルを提唱。日本人ならではの繊細さに徹底的にこだわり、食材のうま味を最大限に引き出し生かす、オリジナリティあふれる料理の数々を生み出しています。

グランドハイアット東京でレストランマネージャーを務めたオーナーソムリエ・土屋剛芳が選び抜いた130種類以上のワインと、同じくグランドハイアット東京の鉄板焼レストラン「けやき坂」で、2008年・2009年と2年連続ミシュラン一つ星獲得に貢献したシェフ・大澤太一の料理を提供。六本木駅から徒歩3分、東京ミッドタウンや六本木ヒルズ、国立新美術館からも徒歩圏内と、ロケーションも抜群です。隠れ家的な印象を与える北欧をイメージした外観の扉を開けると、高級感がありながらもリラックスした雰囲気に包まれ、都会の喧騒を忘れくつろぐことができます。

■日本で愛され続けるソウルフード・肉じゃがを大胆アレンジ
オープンしてから半年が経ち、看板料理「金目鯛ソテー 30年熟成ソース」のような、店の顔となる新メニューをもう一品作ることを決意。日本人にもっとも馴染みの深い家庭料理である肉じゃがに着目し、斬新な発想でアレンジしたのが「見た目も新感覚な高級肉じゃが」です。

絶対に肉じゃがには見えないビジュアルながら、味わった瞬間に新感覚の肉じゃが料理として体感することができるのが、このメニューの最大の特徴。LORE(ローレ)のコンセプトでもある和と洋を五感で楽しむことができる、驚きの一品です。

店名のLORE(ローレ)とは、「伝承、継承」という意味のラテン語。幼少期から、父親の経営する飲食店や祖父母が営業する精肉店など、食に長く携わってきたオーナーの思いから、この名前がつけられました。経験を通じて代々伝わった食に対する熱い情熱を、これからも広く伝えていきたいと考えています。

<「LORE(ローレ)」店舗情報>
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 7-19-1 六本木コーヨーハイツ 102
代表者:オーナーソムリエ 土屋剛芳
営業時間:
【ランチ】11:30~15:30(L.O.14:30)
【ディナー】17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日:不定休
電話番号:03-6434-0974
メールアドレス:info@roppongi-lore.com
URL:http://roppongi-lore.com/

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:LORE  

担当者名:土屋 剛芳

TEL:0364340974

E-Mail:tsuchiya@roppongi-lore.com