食品用着色料の市場規模、2026年に54億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月30日 公開

食品用着色料の市場規模、2026年に54億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「食品用着色料の世界市場 (~2026年):タイプ (天然・合成・NI)・用途 (食品・飲料)・形態 (液体・粉末・ゲル)・溶解度 (染料・レーキ)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月28日より開始いたしました。

食品用着色料の市場規模は、2021年の43億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2026年には54億米ドルに達すると予測されています。食品用着色料市場は、天然着色料への需要の高まりと、人々の味覚や食の嗜好の変化に牽引されています。クリーンラベル製品に対する消費者の意識の高まりや、天然着色料がもたらす健康上のメリットが、着色料市場を牽引すると考えられます。

COVID-19の食品用着色料市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、原産地や抽出物のトレーサビリティが確保された天然成分へのニーズが高まっています。菜食主義は、ここ2、3年で大きな成長を遂げています。今後も、この傾向は強まり、消費者の需要は植物由来の食材や製品にシフトすると予測されています。COVID-19の発生と動物性食品への否定的なイメージは、消費者に植物性の食材を選ぶことを促し、天然の食品用着色料の需要を促進すると予測されます。

牽引要因:クリーンラベル製品に対する消費者の意識の高まり

化学物質の混入や合成添加物への懸念から、クリーンラベル製品を求める消費者が増加しています。この需要の高まりを受けて、天然を謳った新製品が発売されています。その結果、食品メーカーはクリーンラベルへの投資を増やし、既存の製品ポートフォリオの見直しを行っています。

抑制要因:合成着色料による消費者の健康への影響

米国食品医薬品局(FDA)は、合成着色料(青1、青2、緑3、赤40、黄5、黄6)ががんを引き起こす兆候があることを発見しました。イエロー5、イエロー6、レッド40などの人工着色料には発がん性物質が含まれていることが立証されています。また、清涼飲料水の着色料として広く使用されているカフェインは、心臓の動悸や異常を引き起こす可能性があります。このように、合成着色料が消費者の健康に及ぼす悪影響は、食品用着色料市場の成長を阻害する要因となっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama999988-food-colors-market-by-type-natural-synthetic.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F