ミルクプロテインの市場規模、2027年に153億米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月11日 公開

ミルクプロテインの市場規模、2027年に153億米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ミルクプロテイン市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):タイプ・形態・用途・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月10日より開始いたしました。

2019年のミルクプロテインの市場規模は99億米ドルで、予測期間中のCAGRは4.6%で、2027年には153億米ドルに達すると予想されています。2019年には、ミルクプロテイン市場全体のシェアの半分以上をホエイプロテインセグメントが占めています。ミルクプロテインは、さまざまな食品の調製に使用される潜在的な多目的成分です。食品の加工において、多くの有益な機能性と生物活性を示します。ミルクプロテインは、食品加工において、増粘剤、ゲル化剤、食感改良剤、キャリアー、発泡剤として働きます。また、栄養、パーソナルケア、動物飼料、繊維など、さまざまな産業分野で使用されています。

健康志向の高まりを受けて、消費者は栄養価の高い健康的な食生活に重点を置き、ミルクプロテインを使用したプロテインサプリメントから余分な栄養素を摂取してプロテインの消費量を増やしており、これがミルクプロテイン市場の成長を促しています。ミルクプロテインとカゼインプロテインは、プロテインサプリメントとして消費者に最も広く消費されており、このことがミルクプロテイン市場の需要を促進していると考えられます。消費者が子供の健康志向から乳児用粉ミルクに高い栄養成分が含まれていると認識していることが、ミルクプロテインを使用した乳児用粉ミルクの消費を促進しています。

さらに、消費者の多忙で慌ただしいライフスタイルは、特に先進国において、人々のメタボリックな健康状態を悪化させる結果となりました。ミルクプロテインは、傷ついた細胞の修復を助け、体全体の成長を促進します。新興国では、乳製品の利用範囲が拡大し、乳製品の健康効果に対する認識が高まっていることが、メーカーに有利な成長機会をもたらしています。これらの要因は、ミルクプロテイン市場の需要を押し上げ、ミルクプロテイン産業全体の成長を促進すると予想されます。しかし、菜食主義者の人々は、乳製品が動物由来の製品であるため、乳製品の消費を避けます。したがって、菜食主義者の間では、植物性プロテインの需要が急速に伸びるでしょう。これは、ミルクプロテイン市場に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、ミルクプロテインの原材料費が高騰していることも、ミルクプロテイン市場の主要プレーヤーにとっては大きな課題となっているかもしれません。これらの要因は、今後数年間の市場の成長をある程度妨げる可能性があります。

米国乳製品イノベーションセンターなどの組織や乳製品原料メーカーは、ミルクプロテイン原料のフレーバー、アロマ、パフォーマンスなどの特性を高めるための研究開発活動を行っています。このことは、メーカーがより高いシェアを獲得するために、改良された多様なミルクプロテイン素材を市場に提供する機会を提供することが予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1005997-dairy-protein-market-by-type-by-application-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F