アルギン酸塩の市場規模、2026年に9億6140万米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月16日 公開

アルギン酸塩の市場規模、2026年に9億6140万米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アルギン酸塩の世界市場:種類別・用途別・地域別の業界分析と将来予測 (2020年~2026年)」(KBV Research)の販売を6月15日より開始いたしました。

アルギン酸塩の市場規模は、2020年~2026年にCAGR8%で成長し、2026年には9億6140万米ドルに達すると予測されています。アルギン酸塩は、褐藻類の細胞壁から得られる天然由来のアニオン性多糖類です。アルギン酸塩は、バイオメディカルや製薬業界での利用が増えています。さらに、その安定性と増粘性から、食品にも広く使用されています。アルギン酸塩は食品業界での応用も期待されており、ゼリー、ジャム、マーマレードなどの調製に利用されています。

アルギン酸塩は、その優れたゲル化特性により、食品業界での需要が拡大しており、市場の成長を後押しすると予想されます。アルギン酸塩は、生体適合性が高いため、ヘルスケア分野でも様々な用途があります。アルギン酸塩は、その多孔質構造と高い吸水性により、創傷被覆材の開発に広く利用されています。さらに、ゲル化、増粘、フィルム形成などの特性を活かして、食品・飲料分野での応用も期待されています。

アルギン酸カルシウム繊維やアルギン酸ナトリウム繊維の創傷治療への利用が増加していることが、市場成長を促進すると考えられます。FDA(米国食品医薬品局)や欧州委員会などの主要規制機関が、食品・飲料分野でのアルギン酸塩の利用を認めており、これが製品需要にプラスの影響を与えると予想されます。特にアジア太平洋地域では、人口増加に伴う食品・飲料分野の発展により、製品需要の増加が見込まれています。

タイプ別見通し

市場はタイプ別に、High GとHigh Mに分類されます。2019年は、High Gアルギン酸塩が最高シェアを獲得しました。High Gタイプのアルギン酸塩は、乳化安定性とゲル化性能に優れ、食品・飲料メーカーに大きく受け入れられています。

アプリケーション別見通し

市場はアプリケーション別に、産業用、医薬品、食品・飲料、その他に分類されます。2019年は、産業用アプリケーション部門が市場を支配しました。溶接業界では、溶接用コーティング剤にケイ酸ナトリウムを添加することで生じるウェットマスをグリップするためのバインダーとしての用途があります。溶接棒に利用されるアルギン酸塩は、乾燥や焼成の際に溶接棒上のコーティングの形状を維持するのに役立ちます。

製品別
製品別では、アルギン酸ナトリウム、アルギン酸カルシウム、アルギン酸カリウム、アルギン酸プロピレングリコール、その他に分類されています。2019年は、アルギン酸ナトリウムが市場を支配しました。これは、ソース、ドレッシング、ホイップクリーム、ゼリーなどの数多くの食品の調製に使用されていることに起因します。また、この製品は乳製品に高い安定性を提供し、ケーキやペストリーのアイシングのひび割れを防ぐために利用されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv988266-global-alginate-market-by-type-by-product-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F