炭酸飲料の市場規模、2026年に2810億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月17日 公開

炭酸飲料の市場規模、2026年に2810億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「炭酸飲料の世界市場:フレーバー、流通チャネル、地域別、業界分析と予測(2020年~2026年)」(KBV Research)の販売を6月16日より開始いたしました。

炭酸飲料の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 6.6%で成長し、2026年には2810億米ドルに達すると予測されています。炭酸飲料は、炭酸水、有機添加物、甘味料、合成調味料などを含む一般的によく飲まれている飲料です。炭酸飲料に添加される甘味料には、砂糖、コーンシロップのような高果糖や、果実エキスなどの成分が混在しています。一部ダイエット飲料には、人工甘味料も添加されています。炭酸飲料には、着色料、防腐剤、カフェインなどが含まれていることもあります。

小売店での炭酸飲料の販売量の増加は、製品開発と消費者の嗜好が要因となっています。大規模な食品会社で製品が入手できることは、世界レベルの製品の普及につながります。炭酸飲料の世界市場は、今後数年間で大幅な成長が見込まれています。これは、市場の主要プレーヤーに機会を提供し、研究開発への投資を促します。

炭酸飲料を日常的に大量に摂取すると、虫歯や糖尿病、肥満などの健康問題につながります。しかし、主要な市場プレーヤーは、印刷媒体やデジタル媒体を使用してダイナミックなビジネス戦略を行っており、今後数年間、炭酸飲料市場の成長を促進すると考えられます。

フレーバー別見通し

市場はフレーバー別に、コーラ、シトラス、その他のフレーバーに分類されます。炭酸清涼飲料水市場では、コーラフレーバーがも高いシェアを占めることが予想されます。コーラフレーバーは、炭酸飲料の中でも最も人気のあるフレーバーであり、過去10年間、最大シェアを獲得しています。さらに、企業によるダイエット飲料や低カロリー飲料などの新製品の開発も進んでいることから、今後も、コーラフレーバーの人気が続くと考えられます。

流通チャネル別

市場は流通チャネル別に、ハイパーマーケット、スーパーマーケット・量販店、コンビニエンスストア、外食産業、オンライン、その他に分類されています。オンライン部門は、今後急速に成長すると予測されます。炭酸飲料を直接顧客に提供している電子商取引プラットフォームには、Target、Walmart、Amazon、Burger Boss、Kroger、Publixなどが挙げられます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv990372-global-carbonated-soft-drink-market-by-flavor-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F