『ガンベロ・ロッソ2021』最高評価獲得ワイナリー! 南イタリア・トッレヴェント社の「パッショーネ・レアーレ 2018」が新発売 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年3月18日 公開

『ガンベロ・ロッソ2021』最高評価獲得ワイナリー! 南イタリア・トッレヴェント社の「パッショーネ・レアーレ 2018」が新発売


トッレヴェントは、イタリア南部に位置するプーリア州において最も評価の高いワイン生産者の1つです。「王の情熱」を意味する「パッショーネ・レアーレ」は、プーリアの代表的なブドウ2品種をブレンド。遅摘みすることで自然に糖度を上げ、柔らかさと複雑さを備えたワインに仕上げました。世界的にも人気の高いアパッシメントスタイルです。

2015年に創業100年を迎えた酒類専門商社、株式会社モトックス(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長:寺西 太亮)は、2021年3月1日(月)、イタリア評価誌『ガンベロ・ロッソ』にてトレ・ビッキエーリ(最高評価)を10回獲得したスターワイナリー(プーリア州では8ワイナリーのみ)の1つであるトッレヴェントから、「遅摘みブドウ」を使用した濃密でふくよかな味わいのワイン「パッショーネ・レアーレ 2018」を発売いたしました。

▼ トッレヴェント「パッショーネ・レアーレ 2018」商品ページ:https://www.mottox.co.jp/search/detail.php?id=614981

■プーリア産ワインの品質向上を牽引する、注目の生産者「トッレヴェント」
トッレヴェントは、1989年創立。プーリア州コラートとアンドリアにまたがる、「カステル・デル・モンテD.O.P.」畑指定地区の中心に位置します。ワイナリーの記録によると、現在の畑は1700年代には既に存在していたとあります。現オーナーであるフランチェスコ・リアントニオ氏が、トッレヴェントと呼ばれる場所にあった修道院を改装し、ワイナリーとして活動を始めました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDkyMCMyNjYwNTgjNzA5MjBfSEFveFRiY3Jmdy5qcGc.jpg ]

■「王の情熱」を意味する、プーリアを代表するブドウ2種をブレンドした赤ワイン
「パッショーネ・レアーレ」は、プーリアの代表的な2品種をブレンドしたワインです。遅摘みすることで自然に糖度を上げ、柔らかさと複雑さを備えたワインに仕上がります。世界的にも人気の高いアパッシメントスタイルです。

カステル・デル・モンテ(モンテ城)は、若くして神聖ローマ帝国皇帝とシチリア王の地位に就いたフェデリコ2世の絶えぬ権力のシンボルとして、13世紀に建設。「石の王冠」とも例えられていたモンテ城は、見晴らしの良い高台に建っており、周囲の領民や敵族に畏怖の念を抱かせるほどだったと言われています。「パッショーネ・レアーレ」はまさに、城に君臨する王そのものを表すワインです。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDkyMCMyNjYwNTgjNzA5MjBfUm5rblBRbFJ2SC5wbmc.png ]

■「パッショーネ・レアーレ 2018」商品情報
・生産者:トッレヴェント
・原産地呼称:プーリアI.G.P.
・ブドウ品種:プリミティーヴォ80%、ネーロ・ディ・トロイア20%
・醗酵:ステンレスタンク
・熟成:ステンレスタンク 8か月
・アルコール度数:14%
・味のタイプ:赤 フルボディ
・品番:614981
・容量・入数:750ml×12
・希望小売価格:2,100円(税別)
・発売時期:3月上旬

<コメント>
完熟したブルーベリーなどのアロマ、フレッシュかつ濃厚な舌触りは遅摘みによって糖度がしっかりと上がったブドウを想わせます。タンニンはやわらかく滑らかなボディのワインです。

【株式会社モトックスについて】
本社:〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1丁目6番20号
代表者:代表取締役社長 寺西 太亮
設立:1915年9月
電話番号:06-6723-3131(代)
URL:https://www.mottox.co.jp
事業内容:酒類専門商社(輸入ワイン、全国地方銘酒・焼酎・泡盛)

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社モトックス
TEL:0120-344101