欧米で人気のホンビノス貝専門店が『re:Dine GINZA』に登場!ホンビノス&フリット専門店 「Hombino」 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年8月1日 公開

欧米で人気のホンビノス貝専門店が『re:Dine GINZA』に登場!ホンビノス&フリット専門店 「Hombino」


食マーケティング総合企業の株式会社favyが運営する、東京・銀座にあるシェフのためのコワーキングスペース『re:Dine GINZA』に、新たにホンビノス&フリット専門店 「Hombino」が登場いたします。ホンビノス貝は、食べごたえのある身と濃厚な出汁が特徴の二枚貝で、その美味しさから、近年アサリなどの水産資源の漁獲量が下がっている漁業関係者にとって新たな収入源としても注目されている食材です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTg5NCMyMjU3MjgjNTU4OTRfQUtCanFabmtNQy5wbmc.png ]
食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)が運営する、東京・銀座にあるシェフのためのコワーキングスペース『re:Dine GINZA』に、新たにホンビノス&フリット専門店 「Hombino」が登場いたします。

ホンビノス貝は、食べごたえのある身と濃厚な出汁が特徴の二枚貝で、その美味しさから、近年アサリなどの水産資源の漁獲量が下がっている漁業関係者にとって新たな収入源としても注目されている食材です。

蒸したてホンビノス貝&フリット専門店「Hombino」
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTg5NCMyMjU3MjgjNTU4OTRfdXNZWFNuQ2tFWS5wbmc.png ]

北アメリカ原産のホンビノス貝は、発見当初は外来種として日本の生態系への影響が懸念されていましたが、アサリなどの在来種とは生息域が異なるため、日本の生態系への影響がない水産資源です。

肉厚で食べごたえのある大きな身と、貝の旨味あふれる出汁の味わいが人気を集め、欧米ではクラムチャウダーにも利用されるほどポピュラーな食材です。

そんなホンビノス貝の美味しさをお伝えするべく、『Hombino』では、鍋いっぱいに蒸しあげた貝を、さまざまなフレーバーでお召し上がりいただくスタイルでご提供いたします。

「Hombino」メニュー概要(一部抜粋)
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTg5NCMyMjU3MjgjNTU4OTRfd0pER2liQ3JjWS5KUEc.JPG ]

『Hombino』では、オーソドックスな白ワイン蒸しをはじめ、欧風カレーや痺れ麻辣&九条ねぎ、濃厚なうにクリームなど、30種類の味のホンビノス貝をご用意。

他にも、ホンビノス貝をご注文いただいたお客様のみオーダーできるサクサクのフライドポテトは、貝の旨味がぎゅっと詰まったスープにつけていただくのがスタッフ一押しです。

食後の鍋に残ったスープで作る生パスタやリゾットは、貝の旨味がぎゅっと詰まった逸品ですので、こちらもぜひご賞味下さい。

■『Hombino』メニュー(一部抜粋)

・基本の白ワイン蒸し(1,780円)

・みんな大好き!欧風カレー(2,100円)

・痺れ麻辣&九条ねぎ(2,250円)

・リッチ&濃厚 うにクリーム(2,250円)

・シメの生パスタorリゾット(700円)

・フライドポテト(300円)

※価格はすべて税抜です

『re:Dine GINZA』店舗詳細

・店名:re:Dine GINZA(リダイン銀座)

・住所:東京都中央区銀座四丁目3番1号 並木館9階

・営業時間

ランチ:平日11:30〜14:30(L.O. 14:00)、週末11:30〜15:00(L.O. 14:30)

ディナー:17:00〜23:00(フードL.O. 22:00、ドリンクL.O. 22:30)

・電話番号:050-3628-5009

・定休日:なし(貸切の場合もございます。詳細はHPにてご確認ください)

・公式HP:http://redineginza.favy.jp/

【運営会社概要】

・会社名:株式会社favy

・所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-16-6 新宿タツミビル 7F

・事業内容:飲食市場に特化したマーケティング支援および飲食店運営

・公式HP:http://favy.co.jp/