現代人に不足しがちなオメガ3を57%含有する高栄養価食用オイル 9月10日から販売開始 医学博士の白澤卓二氏が監修、化学薬品は不使用 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年9月9日 公開

現代人に不足しがちなオメガ3を57%含有する高栄養価食用オイル 9月10日から販売開始 医学博士の白澤卓二氏が監修、化学薬品は不使用


素材や製造方法にこだわり抜き、安心安全かつ美味しい食用オイル等の販売を行っている株式会社味とサイエンス(本社:東京都中央区、代表:藤本飛呂)は、医学博士 白澤卓二先生監修のもと、オメガ3を57%含有した高栄養価の「亜麻仁油(アマニオイル)」を、9月10日(火)に発売します。
▼株式会社 味とサイエンス|公式サイト:http://ajitoscience.com

「オメガ3」が57%含有された最強のウェルネスオイル、亜麻仁油

『今すぐオメガ3系オイルを摂るべき』…と、近年、栄養・医療の分野で声高に叫ばれるようになった「オメガ3」。亜麻仁油には、そのオメガ3が豊富に含まれていることで知られています。しかし、そもそも「オメガ3」とは、一体何なのでしょうか。

 

「オメガ3」とは、必須脂肪酸の1つで、代表的な脂肪酸はα-リノレン酸です。α-リノレン酸は、脳の神経細胞の材料となり、脳機能を正常に保つ効果があります。私たちに必須の脂肪酸であるにも関わらず、体内で作ることができないため、食事で摂り入れる必要があるのです。現在、日本人に最も必要なのにもかかわらず、圧倒的に不足していると言われているのが、このオメガ3なのです。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MDIyOCMyMjc2NTgjNjAyMjhfbkJaeXVNd1pNcy5qcGc.jpg ]

自社では、老年医学の専門家であり著書も多い白澤卓二先生を監修に迎え、化学薬品を一切使わず、製造工程にもこだわった「亜麻仁油」を新たに開発。1,200円(91g)というリーズナブルな価格で販売いたします。なお、亜麻仁油は熱に弱いため、炒め油としてではなく、サラダや納豆ご飯、みそ汁などに加えることを推奨しています。

≪一日のオメガ3摂取目安量≫       

                     男性                女性

18~29歳     2.0g以上         1.6g以上

30~49歳     2.1g以上         1.6g以上

50~69歳     2.4g以上         2.0g以上

70歳以上      2.2g以上         1.9g以上

≪オメガ3の10の効用≫

*血圧を下げる        *記憶力・学習能力を高める

*血中の中性脂肪を減らす   *がんの発生・増殖を抑える

*血液をサラサラにする    *精神を安定させる

*更年期症状の改善                   *認知症を予防する

*PMS(月経前症候群)の改善    *アレルギーや炎症疾患を抑える

←※右表:厚生労働省「2015年度日本人の食事摂取基準」より

 

*白澤卓二*

お茶の水健康長寿クリニック 院長/日本ファンクショナルダイエット協会理事長

1982年、千葉大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。医学博士。順天堂大学大学院教授をへて、現職。専門はアルツハイマー病の分子生物学、寿命制御遺伝子の分子遺伝学。アンチエイジングや認知症などの軽妙で分かりやすい解説が好評で、テレビや雑誌などでも活躍。著書に『Dr.白澤のゆる無添加のすすめ やっぱり心配添加物と超加工食品(主婦の友社)、『クスリごはん 老けない食材とレシピ』(リベラル社)、など多数

食用オイル転換期と言える現代、油への関心が高まる時代を背景に開発

食用オイル転換期と言える現代。マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸やサラダ油に含まれるリノール酸の身体への危険性が叫ばれはじめ、生活者の油への関心が高まってきています。農林水産省のホームページでは、トランス脂肪酸が心血管疾患のリスクを高める確実な証拠があるというWHO/FAOの報告書が紹介されています。また、サラダオイルやごま油などに含まれているオメガ6のリノール酸は、摂取すると体内で炎症反応や血液凝固作用がみられることが分かっています。医学博士の南雲吉則先生は自著の中で、この炎症反応がアレルギーやがん、糖尿病やうつ病を引き起こし、凝固作用が心筋梗塞や脳梗塞に繋がる、と警鐘を鳴らしています(「60歳を超えても40代に見える生き方 老化に勝ち続ける私の毎日」(講談社+α新書/2018年2月刊行より)。

日本人の五大疾患とされる「がん、脳梗塞、急性心筋梗塞、糖尿病、うつ病などの精神疾患」に、食用オイルは重要な関係があると考え、人々の健康に資するオイルを開発してお届けしようと「亜麻仁油」を開発しました。

新商品 概要

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MDIyOCMyMjc2NTgjNjAyMjhfSWx5YndscnRpdi5qcGc.jpg ]

亜麻仁油は、「亜麻仁の種子」から作られたオイルです。本商品には必須脂肪酸「オメガ3」を57%と多く含み、「細胞」と「血液」に関わる多くの病気の症状の改善、予防に効果が期待できると言われています。

fbフラックシードオイル 亜麻仁油は、季節によって寒暖の差が激しいカナダで育てられた亜麻仁種子を低温で圧搾し、化学薬品を使用した精製はせず、濾過のみを行い、酸化を防ぐ遮光瓶に入れているのが特徴です。

◆商品名:fbフラックシードオイル 亜麻仁油

◆生産社:株式会社FB-MARK

(本社・東京都板橋区常盤台1-59-3/TEL・03-3960-8111)

◆原産国:カナダ

◆価格:1,200円(税別)

◆内容:91g

◆賞味期限:製造から730日

◆添加物:無し

◆アレルギー物質7品目(特定原材料):無し

◆販売場所: 味とサイエンスオンラインショップ

http://ajitoscience.com/