“熟成日本酒”の魅力をより多くの人に知ってもらいたい! 静岡県天竜の山奥、自然のワインセラーで生まれる新しい熟成日本酒 クラウドファンディング、本日よりスタート - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月25日 公開

“熟成日本酒”の魅力をより多くの人に知ってもらいたい! 静岡県天竜の山奥、自然のワインセラーで生まれる新しい熟成日本酒 クラウドファンディング、本日よりスタート


富士の酒(所在地:静岡県掛川市/代表 榛葉冴子)は、静岡県下6ヶ所の日本酒酒蔵全面協力のもと、日本酒のエイジングを楽しめる「熟成酒 月詠み」をクラウドファンディング(Makuake)にて本日より販売開始いたします。

■熟成酒 月詠みの特徴
・静岡の地酒を、未成線トンネルを再利用した天然のレンタルワインセラーで熟成
・土井酒造場 銘柄“開運”杜氏の妻であり、富士の酒代表がセレクトした日本酒を熟成
・飲後の余韻を長時間楽しめるため、和食はもちろん、西洋、中華、チーズ、デザートとも相性抜群

Makuakeページ内よりご購入いただけます。
https://www.makuake.com/project/sake-labo

<お酒の紹介>
英君 純米大吟醸(ウイスキー樽)・英君(山廃愛山)・開運(ワイン樽)・小夜衣 純米吟醸酒・萩錦 生酛酒・初亀(ウイスキー樽)・初亀 純米吟醸(ウイスキー樽)

<News Release>

2021年6月26日

“熟成日本酒”の魅力をより多くの人に知ってもらいたい!
静岡県天竜の山奥、自然のワインセラーで生まれる新しい熟成日本酒
クラウドファンディング、本日よりスタート<静岡県日本酒研究会>

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDQxOSMyNzQ1OTUjNzA0MTlfaWVpZ0JBeUZTRy5qcGc.jpg ]
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=gbKj2hhD-xY ]

富士の酒(所在地:静岡県掛川市 / 代表:榛葉冴子)は、静岡県下6ヶ所の日本酒酒蔵全面協力のもと、日本酒のエイジングを楽しめる「熟成酒 月詠み」をクラウドファンディング(Makuake)にて本日より販売開始いたします。

クラウドファンディングページURL
https://www.makuake.com/project/sake-labo

■熟成酒 月詠みの特徴
・静岡の地酒を、未成線トンネルを再利用した天然のレンタルワインセラーで熟成
・土井酒造場 銘柄“開運”杜氏の妻であり、富士の酒代表がセレクトした日本酒を熟成
・飲後の余韻を長時間楽しめるため、和食はもちろん、西洋、中華、チーズ、デザートとも相性抜群

【日本酒熟成酒(エイジング酒)の主な特徴】
・琥珀のような美しく輝かしい色調
・新酒のフルーツ系の軽やかな香りからナッツやドライフルーツなど奥深い香りまで幅広いグラデーション
・お酒がまろやかになり、とても柔らかな口当たりに
・飲後の余韻を長時間楽しめるため、和食はもちろん、西洋、中華、メイン料理や、チーズ、デザートまで食と合わせて楽しめる

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDQxOSMyNzQ1OTUjNzA0MTlfSnhuVGh1SGt1SC5qcGVn.jpeg ]
未成線トンネルを再利用した天然のレンタルワインセラーで熟成させた、オリジナルの熟成日本酒をつくりました。
熟成酒は生酒と異なり常温保存ができるため、自宅で飲む方にとっても相性抜群。サステナビリティの意識が高まっている現代、冷蔵庫の場所を気にせず長期保存することができます。

<浜松ワインセラーとは>
浜松ワインセラーは全長1170mの未成線トンネルを再利用した100%天然のレンタルワインセラー。かつて遠州地方と長野県南信地方を鉄道でつなぐ構想があったものの計画は頓挫。しかし地元そば店店主の山本六二郎さんを中心に「夏涼しく、冬は暖かく、湿度が高く保たれた空間」がワインセラーとして最適だと、トンネルをワインセラーに改良。その美しい景観から観光スポットとしても多くの方が足を運ぶ場所となっています。
https://www.winecellar-japan.com/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDQxOSMyNzQ1OTUjNzA0MTlfZG5ZVkx1WEVvVi5qcGc.jpg ]
■静岡の日本酒の魅力とは
静岡酒は香りや主張が控えめながらも、清々しく柔らかく上品な飲み口が多いのが魅力です。静岡県は海と山に囲まれ、富士山、南アルプスなどの山々から、酒造りに適した豊かで清らかな伏流水や大小の河川からの恵みを受けているため、味にキレと深みがあるのが特徴。静岡の日本酒蔵のスタンダードとなる普通酒や本醸造酒は、全国的にみても、お手頃な価格ながら日本酒の質が非常に高いと、飲食店・消費者の皆さまからも評価を得ています。「大地の恵みが豊かな静岡の食材と静岡のお酒をもっと多くの方に知って欲しい!」と思っています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDQxOSMyNzQ1OTUjNzA0MTlfRFhmdEljSmNVSC5qcGVn.jpeg ]
■なぜ日本酒を熟成するのか
日本酒を熟成することは古くからある文化ですが、現代は熟成よりも「季節限定ボトル」や「生酒のフレッシュさ」をアピールすることがブームになっています。季節性やフレッシュさを打ち出すことは消費者にとって購買のきっかけとなるコミュニケーションだとは思うのですが、現在はそれに偏りすぎている印象があります。
コロナ禍で「生酒はフレッシュな状態で飲んで欲しい」という酒蔵の想いから、酒蔵が生酒を自主回収して捨ててしまったというニュースを目にしました。年代もののワインやウィスキーなど世界をみれば、アルコールは、熟成により時を超えてアロマが開く。そこに多くの人が魅了されている。日本酒も同じだと思います。もっと日本酒の魅力を知ってもらう努力が必要だと強く感じ、今回の商品開発に踏み切ることを決意しました。

■販売情報
クラウドファンディングMakuakeページ内よりご購入いただけます。
URL:https://www.makuake.com/project/sake-labo

<お酒の紹介>
・英君 純米大吟醸(ウイスキー樽)
・英君(山廃愛山)
・開運(ワイン樽)
・小夜衣 純米吟醸酒
・萩錦 生酛酒
・初亀(ウイスキー樽)
・初亀 純米吟醸(ウイスキー樽)
・開運 純米吟醸(ウイスキー樽)

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MDQxOSMyNzQ1OTUjNzA0MTlfWm5JVHNGekRJRi5qcGVn.jpeg ]