清酒「臥龍梅(がりゅうばい)」の三和酒造が、高濃度アルコール製品「臥龍梅 62 ALCOHOL 」100本を地元・静岡市に寄贈。継続的な医療現場への支援も発表。 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年6月3日 公開

清酒「臥龍梅(がりゅうばい)」の三和酒造が、高濃度アルコール製品「臥龍梅 62 ALCOHOL 」100本を地元・静岡市に寄贈。継続的な医療現場への支援も発表。


新型コロナウイルスの感染拡大で消毒用アルコールが入手困難となる中、三和酒造株式会社(静岡県静岡市)は、代替品として開発した消毒用高濃度アルコール「臥龍梅 62 ALCOHOL 500ml」100本を、地元・静岡市に寄贈しました。6月2日(火)静岡庁舎にて、贈呈式が行われました。また三和酒造ではコロナウィルスをはじめとする感染症防止への継続的な貢献、静岡・清水地区の地域活性化を目的として、7月より「臥龍梅 純米吟醸 シズラ 2020ver」を発売し、売上に応じて消毒用高濃度アルコールを市に寄贈します。

三和酒造株式会社(静岡県静岡市)は、原料用アルコールに加水して製造した消毒用高濃度アルコール「臥龍梅 62 ALCOHOL 500ml」を、地元・静岡市に寄贈しました。

▼ 三和酒造株式会社|公式サイト:http://garyubai.com/

■官民一体となって、消毒用アルコール不足解消を目指す
「臥龍梅」ブランドで知られる、1686年(貞享3年)創業の三和酒造は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、消毒用アルコールが不足している状況と国税庁発出の「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の製造等について(改定)」(令和2年4月22日改定)を受け、「臥龍梅 62 ALCOHOL 500ml」100本を静岡市に寄贈。6月2日(火)静岡庁舎にて、田辺信宏静岡市長、和田明久保健福祉長寿局長、杉山友章保健衛生医療統括監、堀池明清水区長出席のもと、贈呈式が行われました。
三和酒造の鈴木克昌代表取締役社長は、「経済と感染症対策の両輪を見据えたうえで、静岡の地酒メーカーとして何ができるのかを考え、今回の商品の開発ならびに寄付の実施を決めた。純米酒を主体に製造しているため多くのアルコールの備蓄はないが、地域の皆様に育てていただいた地酒の酒蔵として、少しでも地域の皆様のお役に立つことができれば。」と挨拶しました。田辺信宏市長は「消毒用のアルコールが不足する中での寄付はありがたい。静岡市でも補助金等事業者への支援を行い、企業の倒産件数を0に近づけるよう努力している。一方でコロナウィルスが長期化した場合、財源にも影響があり不安も多く、今回のような企業の動きは心強く感じている。市民の2つのLIFE(いのちとくらし)を守るため役立てたい。」と応じました。
寄贈されたアルコールは、市内の医療機関に配布される予定。

■経済活動を通じての継続的なコロナウィルスへの対策
また三和酒造では7月より「臥龍梅 純米吟醸 シズラ 2020ver」を発売し、売上に応じて消毒用高濃度アルコールを市に寄贈します。同商品は昨年より展開している静岡市清水区の広報キャラクター「シズラ」とのコラボ酒の2020年バージョンで、静岡県産米誉富士を使用した純米吟醸。180ml、720ml、1.8lの3サイズ展開。それぞれ180mlは40本、720mlは10本、1.8lは5本売れるごとに、「臥龍梅 62 ALCOHOL 500ml」が1本寄付されます。この取り組みは、コロナウィルスをはじめとする感染症防止への継続的な貢献、静岡・清水地区の地域活性化を目的として行われます。
鈴木孝昌専務は「本商品はシズラが掲載されたポップなラベルで、昨年販売時は特に若年層や女性に支持をいただいた。今年度はチャリティ商品としての販売だが、ぜひ静岡・清水の旅行の記念に市内の飲食店で愉しんでいただいたり、お土産として購入いただけると嬉しい。またそういった経済活動と並行して、寄付を通じて長期戦になるコロナウィルス対策にも微力ながらお力添えできれば。」と所感を述べました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI5NiMyNDQ3OTMjNjYyOTZfb29JcFJVclR2YS5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI5NiMyNDQ3OTMjNjYyOTZfTnB3Ump1bE5XbC5KUEc.JPG ]

【商品情報】
商品名:臥龍梅 62 ALCOHOL
容量容器/一般小売価格(ネット販売価格):500ml/1,200円(1,500円)
JANコード:4980050 502180
販売:全国の臥龍梅取扱い店、臥龍梅公式オンラインストアにて販売中(https://garyubai.theshop.jp/

商品名:臥龍梅 純米吟醸 シズラ 2020ver
容量容器/一般小売価格(ネット販売価格):180mlカップ/330円、720ml/1,300円(1,500円)、1.8l/2,600円(3,000円)
JANコード:180mlカップ/4980050 501459、720ml/4980050 501466、1.8l/4980050 501473
販売:全国の臥龍梅取扱い店、臥龍梅公式オンラインストアにて7月より販売予定(https://garyubai.theshop.jp/

【三和酒造株式会社について】
静岡県静岡市清水区に所在する、清酒「臥龍梅」の蔵元。2019年フランスのソムリエが審査員を務めるハイレベルな日本酒コンテストKuraMasterにて純米酒部門で主席(342品出品中)。静岡・清水地区の特産物や文化の振興・発信を通じて、地域の活性化に力を入れている。近年は清水発のゆるキャラ「シズラ」とのコラボ酒の企画・販売、静岡競輪とのコラボ事業、両河内地区の耕作放棄地を活用した酒米「亀の尾」を利用した商品の製造を行っている。

本社           :〒424-0038静岡県静岡市清水区西久保501-10
代表者        :代表取締役社長 鈴木克昌
創業           :1686年
電話番号    :054-366-0839
URL           :http://garyubai.com/
事業内容:日本酒、梅酒の製造および販売
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=tfmbgw1Z05A ]

【お問い合わせ先】
企業名:三和酒造株式会社
担当者名:遠藤
TEL:054-366-0839
Email: sanwa@garyubai.com