糖アルコール市場、2027年に48億40万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年5月19日 公開

糖アルコール市場、2027年に48億40万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「糖アルコール市場:タイプ別、形態別、用途別:世界の機会分析と業界予測(2021~2027年)」 (Allied Market Research) の販売を5月18日より開始いたしました。

2019年の世界の糖アルコール市場は33億6,000万米ドルで、2021年から2027年にかけて5.9%のCAGRを記録し、2027年には48億40万米ドルに達すると予測されています。2019年の糖アルコール市場では、ソルビトール分野が最も高いシェアを占めています。糖アルコールは、ポリオールの一種である糖類から得られる有機化合物です。糖アルコールとは、ポリオールの一種である糖類に由来する有機化合物であり、天然または工業的に糖類から製造される白色の水溶性固体です。

人工甘味料の健康への影響に対する消費者の意識から、持続可能で低カロリーな代替甘味料の需要が高まっています。バイオマス由来の糖アルコールは、口腔衛生、製薬、糖アルコールを含む食品など多くの用途があるため、これらの製品がスーパーマーケットの棚に並ぶことが多くなっています。また、糖アルコールの用途が産業界で拡大していることも、糖アルコールの市場を後押ししています。さらに、医薬品・栄養補助食品業界におけるポリオール(糖アルコール)の用途は飛躍的に拡大しています。機能性食品、栄養補助食品、機能性飲料などの形で、消費者の間で栄養補助食品の消費が増加していることが、市場を活性化させています。これは、ポリオールが、コーティング、甘味料、エモリエント、増量、結晶化防止、安定化などの特性を活かして、多くの医薬品や栄養補助食品に使用されていることに起因します。そのため、医薬品の製造に糖アルコールの使用が拡大していることが、糖アルコール市場の成長を促進し、糖アルコール市場の需要にプラスの影響を与えています。しかし、砂糖に比べて糖アルコールの製造コストが高いことが、糖アルコール市場の成長を阻害すると予想されます。

一方、アジア太平洋地域の消費者は、食品や栄養補助食品への投資を増やしており、健康的な生活を送るという消費者の選択に付加価値を与えることが期待されています。可処分所得の増加、消費者支出の増加、健康志向の高まりにより、低カロリー・低糖質の食品への需要が高まることが予想されます。そのため、ポリオールなどの砂糖代替品の使用は、大きな評価を得ることが予想されます。これは、ポリオールメーカーにとって、世界の糖アルコール市場のさらなる成長と拡大のためのチャンスと考えることができます。

タイプ別に見ると、2019年の糖アルコール市場ではソルビトールセグメントが50.3%のシェアを占めています。ソルビトールは、甘味料としての特性だけでなく、テクスチャーとしての特性も備えています。ソルビトールは優れた保湿剤、軟化剤、テクスチャー形成剤、結晶化防止剤であるため、食品・飲料、医薬品、化粧品業界で幅広い用途に使用されます。しかし、糖アルコール市場の予測期間においては、マンニトールセグメントが最も高いCAGRで成長すると予想されます。これは、医薬品・栄養補助食品業界において、甘味料、錠剤・カプセルの希釈剤、チュアブル錠の賦形剤、滋養強壮剤、凍結乾燥製剤の増量剤など、マンニトールの用途が拡大しているためです。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr992184-sugar-alcohol-market-by-type-form-application.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F