日本で最も歴史のあるファストフードレストランA&W沖縄が、スマホ注文実験開始。沖縄タイムスのDikitoon.comと連携し、スムーズな買い物体験目指す - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年4月27日 公開

日本で最も歴史のあるファストフードレストランA&W沖縄が、スマホ注文実験開始。沖縄タイムスのDikitoon.comと連携し、スムーズな買い物体験目指す


 日本で最も歴史のあるファストフードレストランで、国内では沖縄だけでチェーン展開するエイアンドダブリュ沖縄(浦添市、平良健一社長、A&W沖縄)は27日、スマートフォンで事前に注文して、レジに並ばずに商品を受け取れる新しいサービスの実証実験を始めます。沖縄で最大部数の新聞を発行する沖縄タイムスが運用するスマホ注文システム「Dikitoon.com(ディキトーン・ドットコム)」を使い、沖縄本島内の3店舗からスタート。顧客の反応をみて、店舗数を広げていく考えです。沖縄に根付いた地元企業がタッグを組んで、最先端のサービスを展開し、顧客満足度の向上を目指します。Dikitoon.comの店舗数はA&Wも含め、27日時点で22店舗となります。今後も店舗数を増やしていく計画です。スムーズな買い物による豊かな県民生活の実現と、テイクアウトによる商機拡大で県内飲食店の業績向上につなげていければと考えています。

 A&W沖縄は、沖縄県が米軍施政下にあった1963年11月に北中城村屋宜原に1号店を開店。今年で創業57年を迎える老舗ファストフードレストランです。車に乗ったまま注文し、商品を受け取るドライブインスタイルが特徴で、創業当初から今でも続いています。約14種類のハーブエッセンスを使った炭酸飲料のルートビアや、100%牛肉のパティと自家製パンで作るボリューム満点のメニューは県民だけでなく、観光客からも長く親しまれています。A&Wは1919年に米国で設立。フランチャイズ展開し、世界中にチェーン店を広げています。日本国内では沖縄県の27店舗のみとなっています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDE0NzkjNjYyODdfb3NybEJMbElNYS5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDE0NzkjNjYyODdfc3pQeExpc1lEQi5qcGc.jpg ]

 そんな沖縄に根付いたA&W沖縄が27日からスマホ注文サービスの実証実験を始めます。沖縄県内で最大発行部数の新聞社の沖縄タイムスが運用しているスマホ注文システム「Dikitoon.com(ディキトーン・ドットコム)」を活用します。まずは名護店(名護市)、うるま安慶名店(うるま市)、マリンタウンあがり浜店(与那原町)の3店舗で実験として取り組みます。お客さまの反応をみながら、店舗数を増やしていきたい考えです。
A&Wの各店舗のページをDikitoon.comのサイトに開設しました。お客さまは、そのページから好きなメニューを選びます。そして商品の受け取り方法、来店する時間、メールアドレスと氏名を入力。クレジットカード決済をすませれば注文は完了です。あとは指定した時間に商品を受け取りに行くだけです。お店での注文や支払いといったレジでの待ち時間がなくなり、スムーズで快適なお買い物を体験できます。A&Wでの受け取り方法は、「お持ち帰り」と「お車にお届け」の2通り。お持ち帰りはテイクアウトの要領でお店で商品を受け取ります。お車にお届けは、A&W店舗敷地内の指定された場所に車を停め、「到着ボタン」を押すと店員が商品を車まで届けてくれます。車から降りる必要もありません。スマホでのお支払いにはGooglePayやApplePayも利用できます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDE0NzkjNjYyODdfbVdWVVp5eEF5YS5qcGc.jpg ]

 Dikitoon.comは、沖縄タイムスが運営するスマホ注文サービスです。A&Wの参加で、27日時点で店舗数は22店まで伸びました。待ち時間解消による顧客満足度の向上につながる上、金銭の受け渡しといったお店での作業量軽減、沖縄タイムス紙面やニュースサイトなどを活用したプロモーション展開による認知度向上も期待でき、申し込みが相次いでいます。これからも店舗数を増やしていき、各店舗の売上げ増加に貢献していきたいと考えています。
Dikitoon.comは、新型コロナウィルスの感染予防に取り組む飲食店を無料で掲載する応援サイト(C対策サイト)も開設しています。

【C対策サイトについて】
新型コロナウィルスと連呼するとげんなりしてきて食欲もなくなりそうなので、私たちはこの事態への対策を「C対策」と呼んでいます。C対策サイトでは、各飲食店が、手洗いの徹底、消毒液の設置などの具体的なC対策を、どのように行っているのかを消費者に知らせることができます。飲食店は登録専用サイト https://c.dikitoon.com/ で無料アカウントを作成し、店舗を選択。その後、自店が実施しているC対策をチェックするだけです。入力結果は、Dikitoon.comに反映されます。
  飲食店は、テイクアウトメニューの情報も掲載可能で、2020年4月27日現在、124店の登録があります。日本全国の飲食店が無料で登録できます。今後、沖縄タイムス紙面やウエブサイトでも「 #うちなー元気めし 」の企画で展開し、飲食店を応援していきます。全国の飲食店にも登録を呼びかけております。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDE0NzkjNjYyODdfR3JHUnViUnlvRS5qcGc.jpg ]