残りの人生をかけ、沖縄からクラフトビールを世界へ届けたい!子育てを終えた元・公務員が、醸造所開業に向けクラウドファンディングを始動 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年3月26日 公開

残りの人生をかけ、沖縄からクラフトビールを世界へ届けたい!子育てを終えた元・公務員が、醸造所開業に向けクラウドファンディングを始動


ハワイの魅力的なローカルブルワリーに感銘を受け、「沖縄にもこういう場所を作ろう」と一念発起。和歌山の醸造所と連携し、ハイクオリティなビールを追求します。沖縄独自の家飲み文化に合わせ、持ち帰り用ボトルでの販売や、小型サーバーのレンタルによるサブスクリプションシステムの導入も行う予定です。

沖縄発のクラフトビール醸造所「ハイサイビアカンパニー」を設立した當山猛は、醸造所建設のためのプロジェクトを、2020年3月17日(火)より、クラウドファンディングサイトCAMPFIREにて開始しました。

▼ クラウドファンディングページ(CAMPFIRE):https://camp-fire.jp/projects/view/244349
▼ ハイサイビアカンパニー|公式サイト:https://www.instagram.com/haisaibeercompany/

■ハワイのローカルブルワリーに感銘を受け、16年間の公務員生活にピリオド
當山猛は、沖縄県読谷村在住。もともとクラフトビールを愛飲しており、昨年訪れたハワイでもローカルブルワリーをいくつも巡りました。そこでのロケーションやビールの味、地元の人も観光客もリラックスして楽しんでいる様子に感銘を受け、「沖縄にもこういう場所を作ろう」と決意。子育ての完了を機に、16年間勤めた地方公務員を辞め、ハイサイビアカンパニーを設立することにいたしました。

■和歌山の醸造所と連携、沖縄の家飲み文化に合わせて持ち帰り用ボトルでの販売も
大阪で受講した一週間のクラフトビール講習会や、和歌山で参加したビール醸造体験などにより、ビール造りの技術・知識を習得。和歌山のブルワリーからの協力のもと、品質の高いクラフトビールを武器に、沖縄の自然と文化の魅力を世界に向けて発信いたします。

ブルワリーは、2020年5月より建設を開始。2021年4月より稼働を始める予定です。建設中も、エイサー祭りやコンサート、自然保護イベントなどをサポートし、地域への貢献と振興に努めます。

出来上がったビールは、ホテルや飲食店にサーバーや瓶で提供。アーティストとのコラボビールの製造も企画しています。また、沖縄独自の家飲みコミュニティにもアプローチ。持ち帰り可能なグラウラーボトルでの販売や、持ち運びに便利な小型サーバーのレンタルによるサブスクリプションシステムの導入も検討しています。

■リターンはビール券やTシャツなど、設備・運転資金獲得に向けて4月17日まで実施
クラウドファンディングのコースは、5,000円~100,000円の6種類。ポストカード、Tシャツ、キャップ、グラウラー、ビール券、1日フリードリンク券などの幅広いリターンを用意しました。寄せられたお金は、設備や運転に使わせてもらう予定です。300万円を目標に、2020年4月17日(金)までご支援を募ってまいります。

▼ クラウドファンディングページ(CAMPFIRE):https://camp-fire.jp/projects/view/244349

【ハイサイビアカンパニーについて】
本社:〒904-0325
代表者:當山猛
設立:2020年5月
電話番号:080-9105-7622
URL:https://www.instagram.com/haisaibeercompany/
事業内容:クラフトビールの醸造

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:HAISAI BEER COMPANY
担当者名:當山猛
TEL:080-9105-7622
Email: yomiloco_soulart@yahoo.co.jp