カジュアルな店内で本格中華の店が、看板メニューの麻婆豆腐に新トッピング開発。連休明けの5月7日から激辛トッピングの提供開始 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年4月19日 公開

カジュアルな店内で本格中華の店が、看板メニューの麻婆豆腐に新トッピング開発。連休明けの5月7日から激辛トッピングの提供開始


令和の時代の幕開けを飾る新トッピングのスタート。麻婆豆腐のマイルドな味わいとの相性も抜群です。

カジュアルでオシャレな店内で本格中華料理を楽しめる「Kitchen HARU」(所在地:大阪府大阪市)は

5月7日(火)、麻婆豆腐の新しいトッピングの提供を開始します。

刺激的な激辛トッピングをラインナップに加え、令和の時代の幕開けを飾る予定です。

▼Kitchen HARU|公式サイト:https://kitchenharu.owst.jp

■3月から炙りチーズとパクチーのトッピングで人気呼ぶ

過去に例がない10連休のゴールデンウィーク明けに、麻婆豆腐の新トッピングが登場します。

当店の一番人気メニューの麻婆豆腐(ランチ900円、ディナーは土鍋提供で1,000円)に 3月からトッピングメニューとして炙りチーズとパクチー(ともにランチ時プラス200円、ディナー時プラス350円)をスタートしたところ、大好評でした。

そこで今回は激辛トッピング(ランチ時プラス200円、ディナー時プラス350円)を加えることにしたものです。麻婆豆腐のマイルドな味わいとの相性もぴったりで、まさに新時代のトッピングと言えるでしょう。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTY3MyMyMTk2NjgjNTk2NzNfRnRTRGJqZ0lvcy5qcGc.jpg ]

当店は各線が乗り入れる本町駅から徒歩3分という便利な地にあり、カジュアルな店内で本格中華料理を楽しむことができる店として、多くのお客様の支持をいただいてきました。女性の方が入りやすく、料理の味はもちろん見た目にも気を使い、インスタ映えするものばかりです。雑誌やテレビなどの媒体からも取り上げられることも多くなりました。

シェフは本場中国とイタリアで修業。調味料は店主が中国に出向いてスパイスを買い付けており、現地の味を大事にすることを心がけています。

※価格は税別

<Kitchen HARU>

所在地:大阪府大阪市中央区北久宝寺町4-2-12 本町御堂パークビルB1F

電話番号:050-5594-2168

アクセス:本町駅徒歩3分

営業時間: 11:00-15:00(L.O.14:40) 18:00-23:00(フードL.O.22:00、ドリンク22:30)

定休日:日曜日、祝日