魚タンパク質加水分解物の市場規模、2027年に5億8886万米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月7日 公開

魚タンパク質加水分解物の市場規模、2027年に5億8886万米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「魚タンパク加水分解物の世界市場:COVID-19の影響、形状、原料、用途 、地域別の分析、2027年までの予測市場」(The Insight Partners)の販売を6月4日より開始いたしました。

魚タンパク質加水分解物(FPH)の市場規模は、2019年の4億741万米ドルからCAGR4.8%で成長し、2027年には5億8886万米ドルに達すると予測されています。FPHは、特に微量栄養素による皮膚の健康を助けるために、エンドユース産業からの需要が高まっています。また、栄養価が高く、化学物質を含まない食品を好む消費者が増えていることも、市場の成長を後押しすると予想されます。FPHは、ミネラルやビタミンA、Dを豊富に含むことから、様々な食品の原料として使用されています。その半透明の特性から、ゼラチンとして食品に使用されています。また、食品業界での幅広い使用に加えて、動物飼料の製造時に、ペットフードの結合剤としても使用されています。FPHには微量栄養素が豊富に含まれているため、皮膚の老化防止、血圧値のコントロール、骨の成長促進など、様々な健康効果が期待できます。また、有機化粧品や医薬品の分野でも使用されており、FPH市場のメーカーにとっては、より幅広い市場機会が期待されています。FPHは、栄養補助食品、化粧品原料、医薬品への応用など、さまざまなメリットがあることから、有機栄養補助食品として使用されています。この幅広い用途から、サプライチェーンは長年にわたり成長しており、今後もその成長は続くものと期待されています。

FPH市場では、北米地域が最大シェアを占めると予想されています。北米は、アメリカ、カナダ、メキシコなどの先進国と発展途上国で構成されています。この地域の人々は、健康的なライフスタイルを志向しており、効果の高い製品を好みます。消費者の健康への関心の高まりが、北米のFPH市場の成長を後押ししています。動物性および植物性の食品は、エネルギーレベルを高め、筋肉や骨の構造を強化し、集中力を高めるなど、さまざまな健康上の利点があります。そのため、この地域ではアクアニュートリションに傾倒しています。米国では、味だけでなく体に良いものへの需要から、魚のたんぱく質を中心とした食生活への需要が急増しています。FPHは、必須アミノ酸で構成されており、機能性食品や栄養補助食品としての役割を果たし、また抗酸化物質としても役立つため、消費性の高い製品の一つとなっています。また、オーガニック化粧品にも使用されており、この地域の投資家には幅広い機会を提供することが期待されています。

COVID-19の魚タンパク質加水分解物市場への影響

食品・飲料業界は、COVID-19のロックダウンによるサプライチェーンの分断、製造の中断、オフィスの閉鎖に直面している業界の一つです。アジア太平洋地域や欧州の工場やプラントのロックダウンは、サプライチェーンに影響を与え、商品の製造、配送スケジュール、販売に悪影響を与えています。これらの要因は、魚タンパク質加水分解物市場の成長にもマイナスの影響を与えています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip990730-fish-protein-hydrolysate-market-forecast-covid.html
ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F