マッシュルームの市場規模、2026年に520億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月10日 公開

マッシュルームの市場規模、2026年に520億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のキノコ市場:タイプ別、形態別、流通チャネル別、エンドユーザー別、地域別の見通し、業界分析レポートおよび予測(2020~2026年)」(KBV Research)の販売を6月9日より開始いたしました。

マッシュルームの市場規模は、2020~2026年にCAGR12.4%で成長し、2026年には520億米ドルに達すると予測されています。マッシュルームは、様々な栄養素を持つ菌類です。グルテン、ナトリウム、脂肪、コレステロールの含有量が非常に少ないことから、人々の間でマッシュルームの利用が増えています。また、ビタミン、セレン、カリウムなどの栄養素も豊富に含まれています。マッシュルームは野菜のグループに属し、広く受け入れられている食用菌類の一つです。

カルシウム、ビタミンB、リン、ビタミンD、カリウム、マグネシウム、その他のミネラルなどの栄養素が含まれているため、キノコには様々な薬用効果があります。キノコは、他の植物に依存して食料を得ていることを意味する寄生生物として知られることもあります。新興国の様々な政府がこの産業を支援するために多くのキャンペーンを行い、同市場の生産に携わる恵まれない人々にさらなる恩恵を与えています。

マッシュルーム市場の成長は、カフェテリア、スーパーマーケット、レストラン、ホテルでの商業的消費の増加に牽引されています。市場の成長を促進しているその他の要因としては、ヴィーガン料理の採用に向けた顧客の嗜好の変化と、肉代替品としての需要の高まりが挙げられます。菜食主義者の増加に伴い、肉の代替品に対する需要が高まっており、その結果、高タンパクなボタンやシイタケが人気を博しています。さらに、消費者の加工食品に対する嗜好の変化も、今後の市場を活性化させる大きな要因の一つです。しかし、マッシュルームの保存期間が短いことが、市場の成長を妨げる要因となります。また、きのこ栽培は労働集約的な技術であり、それに伴う運営コストが高いことも、今後の市場の成長を妨げる要因となる可能性があります。

タイプ別の見通し

市場はタイプ別に、ヒラタケ、シイタケ、ボタン、その他のタイプに分けられます。これらの中で、2019年にはボタンマッシュルームが最も高い収益シェアを獲得し、今後もこの傾向を維持すると考えられます。ボタンマッシュルームは、世界中で最も消費されているマッシュルームの一種で、消費者に様々な健康上のメリットをもたらします。この高いシェアは、他の種類のマッシュルームと比較して低価格で入手できることに加えて、がん予防の研究開発に、白いボタンマッシュルームが採用されていることによるものと考えられます。

形状別の見通し
市場は形態によって、生鮮きのこと加工きのこに分けられます。2019年はフレッシュマッシュルームが最も高い収益シェアを獲得し、今後もこの優位性を維持すると考えられます。これは、世界各地、特に米国などの先進国で生鮮マッシュルームの需要が高いことに起因します。化学物質や防腐剤を添加しない健康的な食品への需要の高まりが、生鮮マッシュルームの需要を押し上げています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv1001787-global-mushroom-market-by-type-by-form-by.html
ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F