メスカルの市場規模、2027年に11億3655万米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月4日 公開

メスカルの市場規模、2027年に11億3655万米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「メスカルの世界市場:タイプ、製品、販売チャネル別の分析、COVID-19の影響、2027年までの予測」(The Insight Partners)の販売を6月3日より開始いたしました。

メスカルの市場規模は、2019年の7億2711万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2027年には11億3655万米ドルに達すると予測されています。メスカル飲料は、リュウゼツランという植物(伝統的にはmagueyと呼ばれている)から作られます。メスカルのテキーラとの違いは、アガベを発酵させて糖分を抽出する際の調理方法にあります。メスカルの原料となるリュウゼツランには、さまざまな種類があり、メキシコでも赤道直下の地域に多く生息しています。中でも、アガベ・エスパディンは最も人気のある品種で、特定の州で生産されています。

2019年のメスカル市場は、北米地域が最大シェアを占めました。これは、この地域に強い足場を持つメスカル醸造所があるためです。これらの醸造所は、新しい消費者を惹きつけるために、味と品質を向上させ、さまざまな種類のメスカルの開発に絶えず取り組んでいます。メスカルは、北米でのマーケティングを目的とした革新的なプログラムにより、北米の市場成長を促進しています。蒸留酒の需要は、フルサービスのレストランやカフェ・バーなど、オントレードの販売チャネルにおいても、大幅に増加すると予想されます。可処分所得が高まり、ライフスタイルが変化しているため、消費者はメスカルのような贅沢な飲み物を消費するようになり、北米におけるメスカル市場の拡大につながると予想されます。

COVID-19のアウトブレイクにより、多くの工場やプラントが閉鎖され、サプライチェーン、製造活動、配送スケジュール、各種材料の販売に支障をきたしています。すでに多くの企業が、製品の納入遅延や今後の販売不振の可能性を発表しています。これらの要因はすべて、食品・飲料業界の妨げとなり、今後、メスカル業界に関連する市場の成長も抑制されると考えられます。

高級・プレミアム飲料の需要拡大

消費者のプレミアム化の進展により、高級アルコール飲料が消費されるようになり、メスカルの需要が高まっています。また、ミレニアル世代の消費者の間でも、プレミアムメスカル製品への需要が高まっています。彼らは、北米や西欧などの先進国で可処分所得が増加しているため、ハイエンドやスーパープレミアム製品に高額を費やす傾向があります。ハイエンドプレミアムスピリッツの市場は、消費者の一人当たりの可処分所得の増加と経済の持続的な成長により、2019年から2021年にかけて数量ベースで年率5~6%で成長しました。メスカルの需要はここ数年で大幅に増加しており、今後も市場が拡大することが見込まれています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip990732-mezcal-market-forecast-covid-impact-global.html
ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F