バッター・ブレッダー用プレミックスの市場規模、2026年に34億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月23日 公開

バッター・ブレッダー用プレミックスの市場規模、2026年に34億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バッター・ブレッダー (衣生地・パン粉) プレミックスの世界市場 (~2026年):用途(肉・シーフード・野菜)・衣タイプ (接着用・天ぷら用・ビール衣・厚衣・専用衣)・パン粉タイプ (パン粉&フレーク・小麦粉&でんぷん)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月22日より開始いたしました。

バッター・ブレッダー用プレミックスの市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2026年には34億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、低炭水化物製品やグルテンフリー製品への需要の増加に起因しています。

COVID-19のバッター・ブレッダー用プレミックス市場への影響

COVID-19のバッター・ブレッダー用プレミックス市場への影響は、低~中程度です。パンデミック以降、便利でパッケージ化された食品の需要が急激に高まっています。COVID-19により、ロックダウン、国境の閉鎖、輸送の遅れなどによりサプライチェーンが混乱し、2020年にはバッター・ブレッダー・プレミックスの製造が減速しました。食品の需要の伸びに対し、食品の供給はマイナスの影響を受けました。ロックダウンや感染者の増加により、労働力不足や原材料不足が発生しています。

牽引要因:プレミアム肉製品の消費の増加

生活水準の向上、労働人口の増加、経済成長による可処分所得の増加などにより、インド、ブラジル、中国などの新興国を中心に、コンビニエンスフードや加工食品の需要が増加しています。加工食品は、ここ数年、先進国よりも新興国の方が高い成長率を示していますが、これは、加工食品産業が急速に成長しているためです。消費者は、家庭で料理を作る伝統的な方法から、パッケージされた食事を購入する方法へと徐々に変化しています。ライフスタイルの変化に伴い、消費者の関心は、冷凍肉・魚介類やソーセージなどの食肉加工品に移ってきています。過去20年間に食品加工業界が大きく変化したことで、包装・加工された食肉製品の需要が高まっています。 このような状況が、バッター・ブレッダー用プレミックス市場の成長を後押ししています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama996978-batter-breader-premixes-market-by-application-meat.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F