サイトでチェックし、店内に貼り出すだけ!沖縄県が求めるコロナ感染防止ガイドラインに準拠。登録200店突破のC対策サイトがチェックリストのプリントアウト機能を拡充 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年5月15日 公開

サイトでチェックし、店内に貼り出すだけ!沖縄県が求めるコロナ感染防止ガイドラインに準拠。登録200店突破のC対策サイトがチェックリストのプリントアウト機能を拡充


 沖縄タイムスが運用し、飲食店の新型コロナウイルス感染防止対策の取り組みを紹介する「C対策サイト」は、飲食店がチェックした感染防止対策のリストをPDFでプリントアウトできる機能を新たに追加しました。飲食店はプリントアウトした用紙を来店客が見やすい場所に店内掲示すれば、沖縄県が求めるガイドラインの策定と順守を満たせます。また、沖縄県が飲食店に求めた感染防止対策のガイドラインを基にC対策のチェック項目を32に拡充しました。ビニールカーテンの設置、混雑時を避けた来店呼びかけなどをより詳しく提示し、消費者へ取り組みを伝えていきます。同サイトの登録は13日で200店を超えました。沖縄タイムス紙面でも紹介し、応援の輪を広げていきます。登録店数を増やして、より幅広く飲食店を応援し、消費者の利便性向上にもつなげます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDI5OTkjNjYyODdfampmSFZHT01SRC5wbmc.png ]

 非常事態宣言を受け、沖縄県も不要不急の外出自粛、飲食店などの休業要請で、新型コロナウイルスのまん延を防いできました。新規感染者数ゼロが続いたことで、沖縄県は休業要請を一部の遊興業種を除いて14日から前倒して解除しました。その際、営業を再開する事業者には感染防止対策のガイドライン作成と順守を求めています。
 ガイドラインのチェックリストとしては、従業員の就業前の体温測定や手指消毒、マスク着用のほか、施設内の消毒設備の設置や来店客などへのマスク着用の周知を基本5項目として示しています。
 また、リストに盛り込む項目として、(1)密閉、密集、密接の「3密」回避対策、(2)発熱などの症状がある場合の入場制限、(3)事前予約や混雑時間を避けた来店の推奨などの入場者整理、(4)対人距離を確保するよう座席を配置するなどの接触感染対策、(5)対面席に透明ビニールカーテンを設置するなどの飛沫感染対策、(6)施設の換気、(7)施設や設備・物品の消毒対策、(8)マスクや手袋を脱いだ後の手洗いなどその他予防策も挙げています。作成したガイドラインは店舗入り口など見えやすい場所への掲示も必要としています。

 沖縄タイムスが運用するC対策サイトは、県が示したガイドラインを踏まえ、感染防止対策のチェック項目を大幅に拡充しました。各店舗の取り組みをよりきめ細かに伝え、消費者の信頼に応えていきたい考えです。ビニールカーテンの設置、混雑回避のための入店制限、予約制などを盛り込み、チェック項目は32となりました。 
 チェックリストをPDFとしてプリントアウトできる機能も追加しました。プリントアウトした用紙を来店客が見やすい場所に店内掲示すれば、県が求めるガイドライン策定と順守を満たすことができます。文末にある「#ぐすーよ負けてぇーないびらんど!」は、ウチナーグチ(沖縄の言葉)で「みなさん、負けてはいけませんよ」という意味の呼びかけです。沖縄の飲食店は、コロナになんか負けないという思いを込めました。
 飲食店のコロナ感染防止策の一役を担う沖縄県衛生薬務課が発信する情報も掲載し、飲食店向けの内容も充実させています。もっと飲食店の役に立ちたいと考えており、サイト内容は今後も充実させていく方針です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDI5OTkjNjYyODdfTlhndU1EWnpvSC5qcGc.jpg ]
 「C対策サイト」は、コロナ禍の中、来店客の急減で打撃を受ける飲食店を応援しようと3月に開設しました。沖縄タイムスはスマートフォンで事前に注文とクレジットカード決済を終えて、お店でレジに並ばずに商品を受け取れる新しいサービス「Dikitoon.com」を開発し、昨年11月から実証実験に取り組んでいます。Dikitoon.comは、そもそも沖縄県の飲食店を応援しようと企画しており、コロナ感染拡大の窮状に苦しむ飲食店を少しでも支えたい気持ちからC対策サイトの発案にいたりました。
 C対策サイトには、飲食店がアカウントを作り、自ら登録します。各店舗が取り組んでいるコロナ感染防止策を項目として取り上げ、飲食店がチェックすると、サイトに反映されます。テークアウトやデリバリー対応の可否も選択できます。テークアウト商品は写真付きで登録できます。
 沖縄タイムスは、沖縄県内で最大部数を発行する新聞社です。C対策サイトだけでなく、沖縄タイムス紙面も活用して、頑張る飲食店をPRしてきました。4月25日には1ページフルカラーの全面広告で、応援メッセージと、当時登録のあった95店全店を掲載し、大きな反響をよびました。「#うちなー元気めし」でのSNS拡散も狙った紙面とウエブを連動させた新たな取り組みにも挑戦しました。今後も紙面やウエブを活用して、もっと応援していきたいと考えています。
 飲食店の登録ページはc.dikitoon.com、一般客向けページはdikitoon.comです。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjI4NyMyNDI5OTkjNjYyODdfVUlaWmd5eUVBZC5qcGc.jpg ]

【dikitoon.comについて】
 沖縄タイムスが実験中のスマホ注文サービス。スマートフォンで事前に注文とクレジットカード支払いを済ませ、お店で待たずに商品を受け取れる。待ち時間を解消でき、スムーズな買い物ができる。5月14日時点で地元ファストフード店のA&Wなど沖縄県内の24店舗が参加。飲食店からは、待ち時間解消による顧客満足度の向上、従業員の作業量軽減、初期費用無料、無断キャンセル抑止などに効果があると評価されている。コロナ禍の中、人との接触を減らせる一方、テクアウトによる売上回復も見込めると飲食店からの申し込みが急増している。