飼料用プレミックスの市場規模、2026年に329億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年7月1日 公開

飼料用プレミックスの市場規模、2026年に329億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「飼料プレミックスの世界市場 (~2026年):成分 (ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗生物質・酸化防止剤)・家畜 (家禽・反芻動物・豚・水生動物・馬・ペット)・形態 (ドライ・液体)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を6月30日より開始いたしました。

飼料用プレミックスの市場規模は、2021年の243億米ドルから、CAGR6.2%で成長し、2026年には329億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、世界的に肉や肉製品の需要が増加していることに起因しています。

COVID-19の飼料用プレミックスへの影響

COVID-19パンデミックの飼料用プレミックスへの影響は、低から中程度です。とはいえ、各地域の国々がCOVID-19危機に対処しているため、今後数年間の同市場の成長率は大幅に低下すると予測されています。一方、COVID-19の発生後の健康への意識の高まりや、動物の免疫力を高める飼料用プレミックスの需要が、市場の成長を押し上げると予測されます。

牽引要因:家畜由来製品の需要と消費の増加

乳製品、肉、卵などの畜産物の需要と消費の増加は、家畜の成長と発展のための飼料添加物の使用を促進すると予想されます。FAOのデータによると、世界の食肉生産量は2025年までに16%増加すると予測されています。家禽肉は、先進国でも発展途上国でも、需要が高く、生産コスト低さ、製品価格の安さが、食肉生産成長の主な要因となっています。2017年の家禽肉の生産量は1億2050万トンに達し、豚肉は1億1870万トン、牛肉は7080万トン、羊肉は1490万トンだったと報告されています。タンパク質の、肉体的、精神的な発達に果たす役割への認識から、肉、卵、牛乳など、動物由来のタンパク質を摂取する傾向が強まっています。

抑制要因:各国での抗生物質の使用禁止

抗生物質は何十年にもわたり飼料に使用されてきましたが、感染症治療に使用される抗生物質に対する微生物の耐性問題から、2006年、EUは成長促進剤として飼料に抗生物質を使用することを禁止しました。この禁止を受けて、中国、インド、アメリカなどを中心とした世界各国で、抗生物質の使用が減少しました。

この事で、企業は飼料用プレミックスへの抗生物質の使用を中止せざるを得なくなり、関連メーカーにとって大きな抑制要因となっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1001390-feed-premix-market-by-ingredient-type-vitamins.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F