【食で未来の予防医療をリード】“おいしく食べるファスティング”「delifas!(デリファス)」がコロナ社会へ向けスポーツジムと代理店契約 <株式会社たべかた> - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年8月7日 公開

【食で未来の予防医療をリード】“おいしく食べるファスティング”「delifas!(デリファス)」がコロナ社会へ向けスポーツジムと代理店契約 <株式会社たべかた>


食で未来の予防医療をリードする「株式会社 たべかた」では、管理栄養士が食材のセレクトから調理までを手がけたミールキットをご自宅までデリーバリーするサービス
“おいしく食べるファスティング” 「delifas!(デリファス)」について、関東エリアのスポーツジムと代理店契約を交わし販路を拡大することを表明。ジムの会員に向け食事コーチングを行いながら、コロナ社会へ向けた健康的な体づくりをサポートしてまいります。

「食べもので、生きかたをつくる」をミッションに掲げる「株式会社 たべかた」(本社:東京都品川区、代表取締役:板橋 里麻)では、運営する「delifas!(デリファス)」が提供する、“食べるファスティング+パーソナル食事カウンセリング”のサービスについて、2020年8月より、関東エリアのスポーツジムと代理店契約を交わし、販路の拡大を目指してまいります。

▼「delifas!(デリファス)」公式サイト:https://www.delifas.com/whats-delifas

■「運動と食事」の両面から、健康をサポート
“コロナ禍”による外出自粛中に、スポーツジムに通えず体重が増えてしまった方々に向け、多くのスポーツジムでは、運動だけでなく食事指導も始めています。なかでもファスティングは、胃腸を休ませることで体内がリセットされることから免疫力アップも期待されると大きな注目を集めています。「株式会社たべかた」では、スポーツジムと代理店契約を交わし、自社のファスティングプログラム「delifas!(デリファス)」を、ジムの会員向けに販売するサービスを開始しました。

新型コロナウイルス感染拡大の第2波が懸念されるなか、スポーツジムに通えなくなる方が増加することを見据え、サービスプランを用意。スポーツジムからは自宅でのトレーニングアドバイスを提供し、「delifas!(デリファス)」からは、ファスティング期間中のミールキットを会員の自宅にデリバリーするとともに、専属管理栄養士からLINEやメールでカラダづくりのアドバイスを行います。

■スポーツジムと親和性の高い「delifas!(デリファス)」のサービス
ファスティングプログラムの期間中、ミールキットを「delifas!(デリファス)」から会員の自宅にお届けします。期間中は、専属管理栄養士がパーソナル食事指導を行い、全面的にサポート。サービスを受ける方は、“一生もの”となる「食べかた」についての知識・経験を手に入れることができます。スポーツジムのトレーナーが、会員一人一人のカラダの状態に合わせてアプローチを変えるように、管理栄養士が事前にカウンセリングを細やかに行うことで、ダイエットの目標や健康課題を一緒に共有し、パーソナルな食事指導を行っていきます。

■「delifas!(デリファス)」がスポーツジムの収益改善アイテムに
株式会社たべかたでは、“コロナ禍“で、会員の退会や休会による減益を余儀なくされたスポーツジムと代理店契約を交わし、親和性の高い「delifas!(デリファス)」を販売していただくことで販路拡大を目指します。また、代理店となるスポーツジムにとっては、収益改善アイテムに繋がるよう初回限定商品においては代理店手数料を40%とし、継続的にご利用いただけるようリピーター向け商品の準備をするなど、サービスと収益においてのリレーションを考慮しております。
スポーツジムの皆様と協力しながら、一人でも多くの方々の健康への意識を変え、日本の健康の底上げをできればと考えています。

■日常生活と変わらず、食べながら仕事をしながらできるプログラム
日本語で「断食」とも訳される、ファスティング。半日から数日の間、通常の食事をストップし、発酵ジュースなどで必要な栄養素を補う「酵素ファスティング」や、「断食道場」などが、“プチ断食”としてクローズアップされるようになりました。

確かに、「酵素ファスティング」や「断食道場」なども、カラダの変化やマインドの変化などを感じられる方法ではあります。しかし、ずっと同じ酵素ドリンクを飲み続けるのは辛く、さらに道場のような施設に行くことは、経済的にも時間的にも大変で“非日常”的なため、継続は困難です。

■3日間のdelifas!(デリファス)体験を通して、食への意識が変わるプログラム!
「株式会社 たべかた」は、ヘルスケアは継続してはじめて意味があると考えます。“おいしいものを楽しみながら、健康になれる世界を作りたい!” その想いから、世の中に、おいしく、楽しく、ヘルシーな事業を進める中、この“おいしく食べるファスティング”「delifas!(デリファス)」は、日常生活と変わらず平日仕事をしながらでも実行できるものとして考案されています。固形物を摂る無理のないプチファスティングでファスティングへのハードルを下げ、ファスティングが非日常ではなくライフスタイルとして定着することで、カラダ本来の機能を取り戻していただきたい、そしてこの3日間の体験を通して食への意識の変化を感じていただけたらと考えます。

■「delifas!(デリファス)」 ミールキットのメニュー例とコンセプト
「delifas!(デリファス)」では、しっかりと効果を出しながらも、普段通りの生活を送れるファスティングメニューを考案しました。メニュー構成の一例をご紹介します。

朝:スムージー
朝は、果物の糖質で血糖値をあげて脳に栄養を与え、交感神経のスイッチを入れます。ここで、カラダは戦闘モードに入り、朝から仕事にも集中できます。また、朝たっぷりの食物繊維をとることで、腸の蠕動(ぜんどう)運動も活発になります。

昼:サラダ
昼はタッパーに入れて持ち歩けるサラダ。これなら大量のコールドプレスジュースや酵素ドリンクを持ち歩かなくても大丈夫。生の野菜をとることで、酵素の摂取も可能に。何よりも“噛める”喜びがあり、咀嚼(そしゃく)することによって満腹中枢を刺激します。

夜:スープ
夜は、消化機能になるべく負担をかけないものを選びました。カラダを温めて副交感神経を優位にでき、質の良い眠りを得られるよう、優しいスープにしています。ジュースクレンズ、酵素ドリンクで多い「冷え」の悩みも、これで解決。ファイトケミカルスープを使用しており、エイジングケアも叶えます。

■「おいしく、楽しく、継続できる」ファスティングを
「delifas!(デリファス)」が考案した「おいしく食べるファスティング」は、固形物を摂らない普通のファスティングとは異なり、食事を摂りながら行うため、いつも通りの生活を無理なく続けることができます。最低限の食事を摂りながら行うファスティングのため、普段不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカル、酵素などの栄養素を摂取しながら、効率良くデトックス、クレンジング、機能アップを目指せます。使用する食材は、カラダのデトックスや機能アップに役立つものばかり。「delifas!(デリファス)」では、どの食材がどのようにカラダに良いのかという知識も提供しますので、ファスティング後の生活にも役立てていただくことができます。

【株式会社たべかたについて】
本社:〒142-0041東京都品川区戸越3−8−2
代表者:代表取締役 板橋 里麻
設立:2016年1月
電話番号:03-6260-8463
URL:http://tabekata.jp/about/

事業内容:
・ヘルシーメニューのデリバリー&食事のパーソナルカウンセリングサービス
・子どもから大人まで、ひろく「食育事業」を展開
・レシピ開発・フードコーディネイト、撮影まで
・コンテンツの企画、執筆等
・メディア、イベント、セミナー等への出演等

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社 たべかた
担当者名:西澤 
TEL:03-6260-8463
E-Mail:s.nishizawa@tabekata.co.jp